2022年08月27日

臨床心理士等の対人支援職向け 子どもの解離の理解と対応研修

ダイヤル・サービス株式会社では、臨床心理士や公認心理師などの対人支援職の方々向けに、子どもの解離をどのように見立て、具体的に対応するのかを学ぶ研修会を実施します。理論的には状態論を、対応はミルトン・エリクソンのストラテジーアプローチの活用を検討します。

<プログラム>
  1. 子どもの解離の状態像
  2. 離散的行動状態とスイッチング
  3. ポリヴェーガル理論からの理解
  4. 解離と統合
  5. ストラテジーアプローチの活用

セミナー概要

日程 2022年8月27日(土)09:30-15:30(休憩1時間)
※今後東京都にてコロナ感染拡大に伴う行動制限等が対象期間に発令となった場合、中止·延期となる可能性があります
受講対象者 臨床心理士や公認心理師などの対人支援にかかわる方
定員 30名程度
締切 2022年8月25日(木)
※定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。
参加方法 下記住所にて開催。
東京都千代田区麹町2-7-3 半蔵門ウッドフィールドビル3F
※半蔵門駅徒歩4分、麹町駅徒歩5分、永田町駅徒歩7分、赤坂見附駅徒歩11分、
市ヶ谷駅徒歩13分
研修講師 桜井 憲児朗(臨床心理士)
受講代金 お1人様 8,800円(うち消費税800円)
※申し込み受付後、メールで振り込み先口座情報をお送りしますので、そちらにお振り込みください。

研修コンセプト

主にはパトナムの離散的行動状態を活用して、子どもの解離や解離性フラッシュバック、スイッチングについて理解を深めます。そうした状態像を観察する際のポイントをポリヴェーガル理論なども参考にしながら考察します。さらにそうした極端な感情状態を遷移する子どもたちをどのように支援していくのか、解離と統合の観点から考えていきます。その具体策としてストラテジーアプローチの活用を学びます。午後にはストラテジーアプローチを用いた事例について検討します。

お問い合わせ

ダイヤル・サービス(株)
電話:03-3405-1001(担当:桜井・松田)

お申し込みフォーム

お申し込みに際してのご案内

お申し込みの前に必ずご確認ください。 

※本講座のお申し込みをもって「お申し込みに際してのご案内」に同意したものとみなします。