会社情報‐沿革

会社情報

> > 沿革

沿革 私たちのあゆみ

1969年 5月  日本で初めての「電話秘書サービス」TAS(テレホン・アンサリング・サービス)開始。   1969年 イメージ図
1971年 9月  育児相談の初の電話版「赤ちゃん110番」開始。
日本のCSRの草分けとなる。
ボランティアで行なった無料の育児相談に電話回線がパンクする程のコールが!
  1971年 イメージ図
1974年 10月  妊娠中の電話相談「プレママ110番」と会員制電話相談「食べない子110番」を開始。
1975年 5月  妊娠中からの育児相談「エンゼル110番」開始、NTTの支店代行電話利用社第一号となる。   1975年 イメージ図
  9月 シンガポール航空の電話クイズキャンペーン実施。
夕刊紙とタイアップ。5日間で58000応募の大反響。
1977年 9月  「赤ちゃん110番」6周年記念。テレビ電話を利用して東京-大阪同時座談会「目の不自由な方の育児交流テレビ会議室」を開催。   1977年 イメージ図
1978年 3月  「赤ちゃん110番」、東京―大阪間テレビ会議を実施 。
  8月 「トヨタ・テレホン・クイズ」夕刊紙とタイアップで実施。
異業種交流会「原宿サロン」開設。現在に至るまで毎月開催。
1979年 5月  豊田章一郎社長(当時)と新幹線の中で企画提案し、トヨタ自動車販売がスポンサーの「子ども110番」を開始。
初日だけで250本の電話を受け、スタートから順調。日本初の女性だけのシンクタンク「生活科学研究所」設立。
1980年 11月  「赤ちゃん110番」企画・編集による書き込みのできる「白いカレンダー」の制作開始。
カレンダーが日本印刷工業会会長賞を受賞。
1981年 4月  故松下幸之助会長(当時)の紹介で、松下電器、野村證券、西友ストアーの3社がスポンサーとなり「熟年110番」開始。
高齢化社会の到来に対応して豊かな熟年世代の暮らしをサポート。
  1981年 イメージ図
  12月 セブン・イレブン・ジャパンと若者同士の交流・80年代版ツイッター「ヤング・トーク・トーク・テレホン」開設。
1981年 イメージ図
1983年 3月  「つくば'85を考える」女性シンポジウムを生活科学研究所と共催。
  10月 東京ガス「食の生活110番」開始
1985年 2月  「税金オピニオンダイヤル0011」
タイムリーに生活者の意見を集めるシステムとして注目を集める。
  1985年 イメージ図
  3月  つくば基本構想9分類作成。生活科学研究所の活動が国に認められる。
  6月  カード会員向付加価値サービス「DCテレホンサービス」「DCデータステーション」開設。
  10月 ニューメディアの発展に貢献したとして「郵政大臣賞」を受賞。
1987年 4月  日本初の「健康電話相談」開設。
  12月 視・聴覚障害者サポートサービス「NECまごころコミュニケーション」開始。
障害者をサポートするため、FAXを利用した斬新さが話題となる。
1988年 10月  N.Y.5th.Avn.42nd.Str.に進出し、「アメリカ生活110番」開設。
「東京―NY KDD国際テレビ電話ステーション」特設。 国際デジタル回線を使い、カラー動画・音声同時電送の、TV電話システムを実験。企業福利厚生のためのコンシェルジェ「ファミリー・ケア・ダイヤル」開設。
  1988年 イメージ図1988年 イメージ図
1989年 10月  「JR East InfoLine」開始。アメリカの経済ミッションから感謝状をいただく。
海外からの旅行者に向けての英語による電話対応が好評。
1991年 11月  赤ちゃん110番20周年・熟年110番10周年記念シンポジウム「私らしさからの出発―関係づくりの明日を探るー」開催。
1992年 4月  健康電話相談サービス24時間化。
アメリカの宇宙飛行士エドガーミッシェル氏を招いて、JCとの共催による「地球の詩」開催。
子どもたちの地球への思いをつづった作文を電話による“生の声”で募集。
  1992年 イメージ図
1993年 5月  「ボランティア・アクティビティ・ホットライン」開設   1993年 イメージ図
  12月 24時間健康相談の年中無休化。
1995年 3月  郵政事業庁(現:日本郵政公社)の簡易保険加入者向け「かんぽ健康電話相談」開始。
  7月 電話音声応答サービス「赤ちゃん共和国」開始。
1997年 4月  住友生命「アメニティホットライン」開設。
  9月 NTTドコモ「パパ応援ダイヤル」開始。
  11月 富士ゼロックス「セクハラ防止ホットライン」開設。
セクハラが社会問題化。意識の高い企業が以降ぞくぞく開設。
1998年 8月  コールセンターを使った顧客とのコミュニケーションサービス開始。
1999年 4月  企業の社員向け外部相談窓口「セクハラ・ホットライン」開設。   1999年 イメージ図
2000年 7月  「ゆうちょくらぶ」会員向けに、電話相談サービス開始。
  11月 インパクにおいてシニア向けのwebサイト「ビューティフルシニアライフ」開設。
2001年 10月  「JR East InfoLine」で中国語・韓国語によるサービス開始。
2002年 3月  企業福利厚生のためのコンシェルジェ「ファミリーケアネットワーク」開設。
  5月 「JR East InfoLine」サッカーワールドカップ対応のため6ヶ国語サービス展開。
2003年 1月  企業のリスクマネジメントのための「企業倫理ホットライン」開設。企業や自治体での内部告発が頻発し企業倫理を高めるためにスタート。ハラスメント全般に対応する「セクハラ・人間関係ホットライン」開設。
  2003年 イメージ図
2004年 5月  電話窓口応対の診断事業開始。
  2004年 イメージ図
2005年 2月  公開シンポジウム「子どものいじめ~今、私たちにできること~」を緊急開催。
2007年 4月  子どものための「24時間いじめ相談ダイヤル」の自治体受託を開始。
2009年 12月  「メンタルヘルス・ホットライン」を開設。
    起業家を支援するための「インキュベーションオフィス」開設。
    創業期の取り組みが「たった一人の反乱」としてNHKでドラマ化。
NHKアーカイブス番組公開ライブラリーで閲覧可能。
2010年 5月  Webを使ったTV電話相談「aelwa」導入。
  2010年 イメージ図
  10月  トータルEAPサービス「こころと暮らしのほっとライン」開始

会社情報

  • 企業理念
  • 社長メッセージ
  • 会社概要
  • 沿革