会社情報

会社情報

> 会社情報

たった7人ではじめた電話相談。いつしか年間50万コールの希望に変わっていました。

1971年、経済成長まっしぐらの男性社会だった日本に、女性7人による無料の電話相談が誕生しました。核家族化が進み、育児ノイローゼに悩む母親についての報道が増える中、この問題に心をいため、本業の傍らボランティア同然ではじめた事業でした。「赤ちゃん110番」。ありがとうの声をいっぱい聞ける仕事を、人のためになる仕事を。彼女たちの想いは、やがて多くの企業に支持されるようになりました。なんとか自分で現状を変えようとする母親たちは「赤ちゃん110番」を頼りにしました。年間50万コール、いまや30種類を超えた110番は、今日も希望のライフラインとなっています。

フィロソフィー 企業理念
ごあいさつ 社長メッセージ
会社概要
私たちのあゆみ 沿革

社会的な取り組み

財団法人2001年日本委員会   原宿サロン