第91号: <通報内容が映しだす世相> 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第91号◆
 <通報内容が映しだす世相>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                                      2016年4月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

2016年4月14日から発生いたしました熊本地震により被災された皆様に弊社
社員一同、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の方々、救援や救護にご尽力されている皆様の安全と一日も早い復興
をお祈り申し上げます。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

▼目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信からのお知らせ
1.「CSR・コンプライアンス集中研修(全6回)」のご案内
2.CSRセミナー~現地法のリスクに対応する~
「海外連結子会社通報制度構築の際の留意点」のご案内
3.2016年公開研修「働く人のためのメンタルヘルス不調の基礎知識」のご案内

◆電話カウンセラーから
<通報内容が映しだす世相>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「CSR・コンプライアンス集中研修(全6回)」のご案内

企業のCSR・コンプライアンス担当として知っておくべき基礎知識から最新
のトレンドまでを、短期集中で身につける講座です。

○日時:5月18日、25日、6月1日、8日、15日、22日
いずれも水曜日、15:00~17:00
○内容:CSR・コンプライアンスの最新理論、情報セキュリティ、
        ソーシャルメディア対策、消費者・消費者団体との関係構築、等
○講師:株式会社コンプライアンス・コミュニケーションズ
      代表取締役藤井裕之氏  
○場所:ダイヤル・サービス株式会社会議室(千代田区三番町)
http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html
○参加費:1名様全6回32,400円(税込)
○申込み締切:5月17日(火)
https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20160518/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社CSRセミナー事務局
               (担当:山戸・中嶌) Tel03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.CSRセミナー~現地法のリスクに対応する~
「海外連結子会社通報制度構築の際の留意点」【大阪】のご案内

会社法の改正、コーポレートガバナンスコードの制定により、海外連結
子会社での内部通報制度の構築が課題となっています。
通報制度の構築にあたっては、EUの個人情報保護法制度など、知ってお
かなければならない留意点があります。
本セミナーでは、質疑応答の時間を持ち、海外展開をされている企業の
ご担当者様の疑問点に具体的にお応えいたします。

○日時:5月18日(水)15:00~17:00(質疑応答30分含む)
○講師:TMI総合法律事務所弁護士大江修子氏
TMI総合法律事務所弁護士波田野晴朗氏
○場所:大阪商工会議所3号会議室(大阪市中央区本町2-6)
http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html
○参加費:1名様3,240円(税込)
○定員:30名※1社複数名参加可
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社CSRセミナー事務局
      (担当:山戸・米沢) Tel03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.2016年公開研修「働く人のためのメンタルヘルス不調の基礎知識」のご案内

「うつで休職していたメンバーが復職したので快気祝いをしたいんだけど、
お酒を飲んでも大丈夫?」弊社相談窓口ではそんなご相談を受けることも
あります。働く人に関係の深い精神疾患について、名称や診断基準、症状、
接し方で気を付けたいことなどを解説します。セルフケア、共に働く人へ
の配慮の一助としてご活用ください。

○日時:5月30日(月)14:00~17:00
○内容:働く人に関係の深い精神疾患について、名称や診断基準、症状など
        を解説
○研修方式:講義形式
○場所:ダイヤル・サービス株式会社会議室 (千代田区三番町)
http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html
○参加費:1名様5,400円(税込)
○定員:20名※申し込み先着順に受付
○申込み締切:5月27日(金)
https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20160530/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社CSRセミナー事務局
      (担当:山戸・中嶌) Tel03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
 <通報内容が映しだす世相>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービスのコンプライアンス通報窓口では、多くの企業の従業員
から、通報や相談が入ります。内容は、職場での人間関係や働き方について
など、多岐にわたります。
また、その時その時の、社会の動きに関連した内容の通報や相談をする方も
少なくありません。例えば、平成28年に入ってからの傾向としては、従業員
同士の不倫、育児や介護と仕事の両立などに関するものが増えました。

これらの通報や相談が増えているのは、有名タレントや国会議員の不倫発覚、
ある母親の「保育園に落ちた」とのブログへの書き込みが国会で取り上げら
れたこと、介護離職の増加、といったニュースが世間を騒がせていることと
無関係ではないと思われます。

さらに、IT環境の整備により、誰でもインターネットで労働関連法規の知
識や改正などの情報を得やすくなったためか、ネットで調べた労働基準法の
条文を読み上げ、「私の会社は、この法律に違反していますよね」と、相談
員に尋ねる通報者もいます。また、「すでに、労働基準監督署に相談したが、
労基署の担当者から、会社に内部通報窓口があれば、まずはそちらに相談し
てみたらと勧められた」と言う通報者も、以前より増えています。

こうした傾向は、近年「ブラック企業」「ブラックバイト」といった言葉が
定着した影響が大きいと考えられます。厚生労働省は、平成27年4月より「過
重労働撲滅特別対策班」という専従の捜査機関を東京労働局と大阪労働局に
設置しました。同年7月には、不適切な形で月100時間超の時間外労働を従業
員に強要していたとして摘発を受けた企業があったことは、記憶に新しいと
ころです。

今後は、どんなニュースや法改正が世間を騒がせるのでしょうか。
法改正で言えば、障がい者雇用促進法の改正(平成28年4月施行)、女性活
躍推進法(平成28年4月施行)や若年者雇用促進法(平成28年3月施行)の新
設、社会保険の短時間労働者への適用拡大(平成28年10月施行予定)など、
人事労務に関連した法令が今年も多数施行されます。

すでにマイナンバー制度の創設やストレスチェック制度の義務化については、
「会社に提出したマイナンバーの書類が、きちんと管理されていなかった」
「ストレスチェックを会社が実施しないのは法律違反ではないか」といった
内容の通報や相談が入ってきています。

通報者の方が、世の中の動きや法改正にどのように反応し、どんな「思い」
でコンプライアンス通報窓口に電話をくださったのか。通報者の「思い」の
中に、より良い職場環境を実現するためのヒントが隠されているのではない
か。日々そんなことを考えて、通報や相談の電話をお受けしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
Tel03-6238-7101Fax03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/ 
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/ 
■メール配信の停止はこちら
 https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/registration.html

■メール配信先変更などのご連絡は本メールへ返信してください。


■本メールを転送することに制限はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□