第88号: <相談者ひとりひとりの「答え」に導く> 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ホットライン通信第88号◆
 <相談者ひとりひとりの「答え」に導く> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                                     2016年1月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

今年は、例年にない暖かな新年となりましたが、皆様、いかがお過ごしで
したか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2016年公開研修“「聴く」ためのスキル研修(初級)”のご案内

毎年大好評の当研修。初めて社内窓口の相談担当者になる方はもちろん、
ステップアップを目指すご担当者様もぜひご参加ください。
 
○日時:2016年2月17日(水)13:30~17:00
○内容:1.担当者の心構え 2.聴き方の説明とロールプレイング
    3.事例を用いたロールプレイング
○対象:社内窓口担当者として基本を身に付けたい方、学び直したい方、
    初めて窓口担当となる方、等
○場所:ダイヤル・サービス株式会社(千代田区三番町)
        http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html
○参加費:1名様 3,240円(税込)               
○申込み締切:2月15日(月)
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20160217/
○共催 日本取締役協会/ダイヤル・サービス(株)
○お問い合わせ:ダイヤル・サービス(株)CSRセミナー事務局
        (担当:高田・米沢・中嶌)Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2016年公開研修
「職場復帰支援に活かす認知行動療法~リワークからセルフケアまで~」
 のご案内  

近年うつ病の治療として認知行動療法が取り入れられています。
本研修では、簡単なワークを通して認知行動療法の概要をお伝えすると
ともに、この手法の職場復帰支援やメンタルヘルス支援への活かし方に
ついて、臨床心理士がご提案します。

○日時:2016年2月23日(火)14:00~17:00
○内容:「認知行動療法とは?」「認知行動療法の職場復帰支援への活用方法」
○対象:人事・労務担当者、健康管理部門スタッフ、
    認知行動療法を知りたい方、等
○場所:ダイヤル・サービス株式会社 会議室 (千代田区三番町)
        http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html    
○参加費:1名様 5,400円(税込)
○定員:20名 ※申し込み先着順に受付              
○申込み締切:2月19日(金)
https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20160223/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
              (担当:山戸・高田・中嶌) Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆電話カウンセラーから◆◇
  <相談者ひとりひとりの「答え」に導く>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「これはセクハラですか?どうしたら良いですか?」
「これはハラスメントですよね?どうしたら良いですか?」
漠然とした「どうしたら良いですか?」を相談員に求める、そんな相談が増
えています。

例えば、「これはハラスメントです。私は被害を受けました。相手に厳罰を
与えたいので、どうしたら良いですか?」であれば、そのために何ができる
か一緒に考えていくこともできるかもしれません。ですが、漠然とした「ど
うしたら良いですか?」は、何を求めているのか、何に傷つき何を恐れてい
るのか、相談者は途方にくれている状態です。そのため相談員も一緒に「さ
て、これはどうしたら…」と思い悩むことになります。

判断や決断をすることは簡単なことではありません。特にハラスメント通報
になると、伴うリスクも増え、不安感や恐怖心からご自身では決断できない
ことも多くなります。判断や決断をするために必要なのは、一般的に皆さん
が想像するであろう「勇気」だけではなく、大きな「怒り」だったりします。

ですが、決断をする前の段階で悩んでいるケースなどでは、相談者が持って
いる情報が圧倒的に少ないという場合も見受けられます。ハラスメントとは
どういうものなのか、それを判断するためにどのような情報が必要なのか、
それがない故に戸惑っている方が少なくありません。そのような戸惑いが、
「どうしたら良いですか?」という一言に集約されているようです。

こういった相談のお電話は少なくありませんが、相談員は相談者と一緒にた
だ思い悩んでいるわけにはいきません。「どうしたら良いですか?」という
問いかけに対して、相談者の方の置かれている状況を伺い、必要な情報や、
抱えている問題について一緒に考えていくことにしています。

「どうしたら」が世の中にはあふれています。他人が示す「こうしたら」に
飛びついても、最後まで成し遂げる人はそう多くはないでしょう。「どうし
たら」と悩んでいる方にとって必要なのは「こうしたら良い」という方法で
はなく、「自分でやるのだ」と本気になるということです。

通報・相談窓口は、話された内容がハラスメントであるかどうかを判断する
機能はありません。ハラスメントではないかと懸念し、会社に報告をするか
どうかという相談者の決断を見守るための窓口です。選択肢を示し、それぞ
れの選択に伴うメリット・デメリットを一緒に考え、必要な情報は何か、状
況や気持ちを整理しながらお話を伺います。その上で、選択するための基準
に何を据えるのか、その決断に対して自分は何ができるのか、相談者なりの
「答え」を出す過程をサポートするということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス株式会社 営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
  ホットライン通信編集部

 〒102-8018 
 東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
 Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 http://www.dsn.co.jp/
 https://www.facebook.com/dialservice

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□