第81号:「メール相談~メールがイイわけ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ホットライン通信第81号◆
  <メール相談~メールがイイわけ>     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                                     2015年6月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりましたが、皆様はいかがお過ごしで
すか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

▼目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信からのお知らせ
1.公開研修「企業視点で考える、メンタル不調労災の現状と防止策
            ~パワハラ、長時間労働を中心に~」のご案内
2.2015年公開研修「職場復帰支援に活かす認知行動療法」のご案内 
3.ダイヤル・サービスが
 「公益通報者保護制度に関する意見聴取(消費者庁)」において発言!   

◆電話カウンセラーから
<マタニティ・ハラスメント~胎児への影響を考える>   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 2015年公開研修「企業視点で考える、メンタル不調労災の現状と防止策
             ~パワハラ、長時間労働を中心に~」のご案内  

2013年度、精神障害の労災請求件数は過去最多となり、この傾向は今年度も
続くとみられます。従業員からメンタル不調による労災請求があった場合、
会社はどのように対応すればよいのでしょうか。
本研修では、労災がどのように認定されるのか、労基署の調査はどのような
ものかなど実務に即して解説します。

○日時:7月7日(火)14:00~17:00
○内容:メンタル不調による労災認定基準
    労基署の調査内容等と防止策の解説
○研修方式:講義形式
○場所:ダイヤル・サービス株式会社 会議室 (千代田区三番町)
    http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html
        
○参加費:1名様 5,400円(税込)
○定員:20名 ※申し込み先着順             
○申込み締切:7月3日(金)までに申込みフォームにてお申込みください。
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20150707/
○主催・お問い合わせ:
        ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
    (担当:中嶌・高田) Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 2015年公開研修「職場復帰支援に活かす認知行動療法」のご案内 
 
近年うつ病の治療として認知行動療法が取り入れられています。
本研修では、簡単なワークを通して認知行動療法の概要をお伝えするととも
に、職場復帰支援やメンタルヘルス支援への活かし方を臨床心理士がご提案
します。

○日時:7月10日(金)14:00~17:00
○内容:認知行動療法とは?
    認知行動療法の職場復帰支援への活用方法
○研修方式:講義形式(簡単なワークあり)
○場所:ダイヤル・サービス株式会社 会議室 (千代田区三番町)
    http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html 
○参加費:1名様 5,400円(税込)
○定員:20名 ※申し込み先着順              
○申込み締切:7月9日(木)までに申込みフォームにてお申込みください。
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20150710/
○主催・お問い合わせ:
        ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
       (担当:山戸・高田・中嶌) Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 第3回障害者雇用セミナー「障害者雇用の正しい労務管理体制について」
 のご案内 

来年の改正障害者雇用促進法の施行に備え、企業はどのような障害者雇用の
管理体制を構築すれば良いのでしょうか。 
 【セミナー内容】 
・身体障害と知的・精神障害の個別事例を挙げ、企業担当者が陥りやすい障
 害者への対応や、障害者が何を考え、どのような対応を希望していること
 が多いか、などについて解説。 
・障害者雇用促進法のあらましを説明。具体的事例を元に、就業規則や労働
 契約の整備など、法的・制度的な対処方法などについて解説。
 
○日時:7月24日(金)13:30~16:30 
○講師:光嶋 卓也氏(光嶋法務・経営コンサルティング事務所)  
     久保 修一氏(ソーシャルハートフルユニオン 書記長)     
○場所:全国町村会館 会議室3(千代田区永田町) 
     http://www.zck.or.jp/kaikan/access/index.html 
○参加費:1名様 10,000円(税込) 
○申込み方法: 
 「参加セミナー名、会社名、部署名、お名前、E-mailアドレス」を明記の
 上、下記アドレスへメール送付。またはお電話にてお申し込みください。  
○主催・申込み・お問い合わせ: 
    ダイヤル・サービス株式会社 障害者雇用セミナー事務局 
   (担当:石崎・米倉・原田)
    E-mail:seminar-sales01@dsn.co.jp   Tel:03-6238-7111 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆電話カウンセラーから◆◇
  <メール相談~メールがイイわけ>   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「父子家庭って変ですか? 客観的に見てください」(中2女子)

ダイヤル・サービスの子ども支援グループが「子ども110番」でメール相談
をスタートさせて6年目。
電話相談とは違い、親には言えない家庭内の相談が8割を占めます。

メール相談は、断片的な言葉のみで状況が見えないことが多く、心のひだに
潜む気持ちを確かめるのに苦労します。上記のような、わずか1行のメール。
この子自身が父子家庭?“客観的に見て”という言葉を使ったのはなぜ?
こんな時、すぐに事情を聞きだすより、彼女が安心してやりとりできる雰囲
気をつくりだすことが先。

「父子家庭って、何も変じゃないよ。特別なことでもない。世界中に父子家
庭は何百万もいるからね。病気や戦争でお母さんが亡くなったり、離婚でお
母さんが離れていったり、色々な事情はあるけどね。
でも、大事なのは、子どもにとって、お母さんは、やっぱり産んでくれたお
母さんだし、忘れられないし、自分のことを大事に思っていて欲しいよね。
…もしかしたら…、あなたが父子家庭で、何か、気になることがおきている
のかな?よかったら教えてほしいな」

すぐに彼女から返信がきました。
「部活の反省会や授業参観で他の子はお母さんが来るけど、うちは父子家庭
なので浮いてる気がして。
部活の友達から、『いっつも○子は、お父さんだよね』と言われ、とっても
くやしいし、悲しい。お母さんとは、たまに会っていて、服買ったりとかい
ろんなところに行くけど、なんか、よそよそしい雰囲気がして。どうやって
お母さんと付き合って行けばいいですか。離婚する前のように、仲良くなり
たいです」

「お父さんは“お母さんは、やっぱりあなたのお母さんだ”という気持ちを
わかっているから、お母さんに会うことに賛成しているんだよね。離婚した
お母さんが授業参観や運動会などに顔を見せてくれることだって、ちゃんと
頼めばお父さんは考えてくれるかもしれない、そんな気がしているよ」
と伝えました。
返信には、「なんか、気が楽になりました。お父さんが帰ってきたら、お母
さんのことを話します」とあり、ほっとします。

引きこもりの子とのメールのやりとりが、外に出るきっかけや登校に結びつ
くことも少なくありません。
離婚後、母親に新しくできた男性から受けた性被害や暴力など、家族関係に
関わる複雑な事情から、切羽詰ってメールを選ぶ子どもたちもいます。
子どもたちにとっては、絶対にヒミツの相談の場。
やり取りに時間がかかる困難な点もあるのですが、返信は他の相談員と検討
しながら、責任者の最終チェックを受けて送信します。これはとても大事な
作業。

実践を通して蓄えた「メール相談の対応と留意点」の資料を、メール相談を
実施している自治体にも提供しているところです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス(株)営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
  ホットライン通信編集部
 〒102-8018 
 東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
 Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102
■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 http://www.dsn.co.jp/?lfcpid=1
 https://www.facebook.com/dialservice
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□