第80号:<マタニティ・ハラスメント~胎児への影響を考える> 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ホットライン通信第80号◆
  <マタニティ・ハラスメント~胎児への影響を考える>     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                                     2015年5月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

日中は少し汗ばむほどの季節となりました。皆様はいかがお過ごしですか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/
▼目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信からのお知らせ
1.公開研修「企業視点で考える、メンタル不調労災の現状と防止策
            ~パワハラ、長時間労働を中心に~」のご案内
2.2015年公開研修「職場復帰支援に活かす認知行動療法」のご案内 
3.ダイヤル・サービスが
 「公益通報者保護制度に関する意見聴取(消費者庁)」において発言!   

◆電話カウンセラーから
<マタニティ・ハラスメント~胎児への影響を考える>   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 2015年公開研修「企業視点で考える、メンタル不調労災の現状と防止策
             ~パワハラ、長時間労働を中心に~」のご案内  

2013年度、精神障害の労災請求件数は過去最多となり、この傾向は今年度も
続くとみられます。従業員からメンタル不調による労災請求があった場合、
会社はどのように対応すればよいのでしょうか。
本研修では、労災がどのように認定されるのか、労基署の調査はどのような
ものかなど実務に即して解説します。

○日時:7月7日(火)14:00~17:00
○内容:メンタル不調による労災認定基準
    労基署の調査内容等と防止策の解説
○研修方式:講義形式
○場所:ダイヤル・サービス株式会社 会議室 (千代田区三番町)
    http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html
        
○参加費:1名様 5,400円(税込)
○定員:20名 ※申し込み先着順             
○申込み締切:7月3日(金)までに申込みフォームにてお申込みください。
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20150707/
○主催・お問い合わせ:
        ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
    (担当:中嶌・高田) Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 2015年公開研修「職場復帰支援に活かす認知行動療法」のご案内 
 
近年うつ病の治療として認知行動療法が取り入れられています。
本研修では、簡単なワークを通して認知行動療法の概要をお伝えするととも
に、職場復帰支援やメンタルヘルス支援への活かし方を臨床心理士がご提案
します。

○日時:7月10日(金)14:00~17:00
○内容:認知行動療法とは?
    認知行動療法の職場復帰支援への活用方法
○研修方式:講義形式(簡単なワークあり)
○場所:ダイヤル・サービス株式会社 会議室 (千代田区三番町)
    http://www.dsn.co.jp/company/outline/map.html 
○参加費:1名様 5,400円(税込)
○定員:20名 ※申し込み先着順              
○申込み締切:7月9日(木)までに申込みフォームにてお申込みください。
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20150710/
○主催・お問い合わせ:
        ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
       (担当:山戸・高田・中嶌) Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ダイヤル・サービスが
「公益通報者保護制度に関する意見聴取(消費者庁)」において発言!

3月5日に開催された
「第9回公益通報者保護制度に関する意見聴取(ヒヤリング)」で、
ダイヤル・サービス(株)代表取締役/今野由梨と営業第3部長/高田奈穂子
が意見を述べました。
主に通報窓口「企業倫理ホットライン」の状況と、そこから見える問題点
について発言しています。
詳細が消費者庁HPに掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

提出資料
http://www.caa.go.jp/planning/koueki/chosa-kenkyu/files/150305_siryo3.pdf
議事要旨
http://www.caa.go.jp/planning/koueki/chosa-kenkyu/files/150305_gijiyoushi.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆電話カウンセラーから◆◇
  <マタニティ・ハラスメント~胎児への影響を考える>  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以前、妊娠している女性のカウンセリングを担当していた時、その女性から
「生まれてくる子どもは、きっとあなたの声を覚えていると思います」と言
われたことがありました。私の声はお腹の赤ちゃんにどのような影響を与え
ていたのだろうと考えることがあります。

赤ちゃんの聴覚は妊娠7ヵ月頃には完成し、母親の胎内の音に加え、外界の
音も聞いていると考えられています。音に反応して、お腹の中で赤ちゃんが
動く経験をした女性は多いのではないでしょうか。
音だけでなく、外界のあらゆる刺激は母親を通して赤ちゃんに届きます。
精神的なストレスもその一つです。母親が精神的なストレスを受けると、赤
ちゃんの身体の発育や神経系の発達に影響を与える可能性があると考えられ
ています。妊娠中の女性に、精神的なストレスを与えることが、赤ちゃんの
未来に影響を及ぼす可能性もあるのです。

昨年10月、最高裁は、理学療法士の女性が妊娠を機に軽い業務に異動した後、
降格された問題について違法との判断を下しました。
その判断を受け、厚生労働省は、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法
の解釈通達を改正し、妊娠・出産、育児休業等を“契機として”(原則、妊
娠・出産・育休等の事由の終了から1年以内)不利益取扱いを行った場合は、
原則として法律違反であることを明確化しました。

マタニティ・ハラスメントとは、働く女性が、妊娠・出産を理由に解雇・雇
止めなどの不利益を被ることや、精神的・肉体的な嫌がらせをされることで
す。
2013年に行われた日本労働組合総連合会の調査では、マタニティ・ハラスメ
ントの言葉も意味もよく理解していると回答した女性は6.1%しかいません
でした。また、50.3%の女性が、妊娠・出産の権利を保護する法律があるこ
とを知らないか、あることを知っていてもその内容は知らないと回答してい
ました。最高裁の判断には賛否両論あるようですが、この判断を機に、マタ
ニティ・ハラスメントが多くの人に知られるようになりました。
今後は、法律の実効性をどのように確保していくかが課題と言えます。

子どもは未来の礎です。妊娠中の女性は、会社での仕事に加え、24時間、私
達の未来を創る仕事をしているのです。育児をしている女性・男性も同様で
す。すべての子どもが健やかに成長するように、妊娠、育児中の社員に不要
な精神的ストレスがかからないよう、支えていくことは、共に働くものの務
めなのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス(株)営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
  ホットライン通信編集部
 〒102-8018 
 東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
 Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102
■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 http://www.dsn.co.jp/?lfcpid=1
 https://www.facebook.com/dialservice
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□