第59号:「コンプライアンスと三現主義」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ホットライン通信第59号◆
  <コンプライアンスと三現主義>     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                                     2013年8月23日
メールをご覧いただいている皆様へ

夏も終わりとは言いながら、まだまだ暑い日が続いております。
皆様はいかがお過ごしですか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。

ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

▼目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ホットライン通信からのお知らせ
1.「CSR・コンプライアンス集中研修(全6回)」のご案内
2. 2013年公開研修 “「聴く」ためのスキル研修(初級)”のご案内
3. 第9回EAPセミナー
 「ハラスメント事例研究・レベル2 パワーハラスメント編」のご案内

◇電話カウンセラーから
  <コンプライアンスと三現主義>   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「CSR・コンプライアンス集中研修(全6回)」のご案内

企業のCSR・コンプライアンス担当として、知っておくべ基礎知識から最新
のトレンドまでを、短期集中で身につける講座。4~5月に行なった研修から
さらにバージョンアップ。すでに受講済みの方にも新しい情報交換の場とし
てご活用いただけます。

○日時:9月12日、19日、26日、10月3日、10日、17日 
    いずれも木曜日、15:00~17:00
○内容:CSR・コンプライアンスの最新理論、ステルスマーケティング、
     インサイダー取引の防止、環境対策、政治との適切な関係、
    情報セキュリティ、労務問題、ソーシャルメディア対策、
    消費者・消費者団体との関係構築、等
○講師:株式会社コンプライアンス・コミュニケーションズ 代表取締役
    藤井 裕之氏    
○場所:ダイヤル・サービス株式会社(千代田区三番町)     
○参加費:全6回 1名様 31,500円(税込)              
○申込み締切:9月6日(金)
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20130912/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
           (担当:山戸・中嶌) Tel 03-6238-7101  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.2013年公開研修 “「聴く」ためのスキル研修(初級)”のご案内

今年6月の研修と同内容で実施いたします。11月には中級、2014年2月には上
級の開催を予定しています。相談者としてのステップアップにぜひご活用く
ださい。
 
○日時:9月18日(水)13:30~17:00
○内容:1.担当者の心構え 2.聴き方の説明とロールプレイング
    3.事例を用いたロールプレイング
○対象:社内窓口担当者として基本を身に付けたい方、学び直したい方、
    初めて窓口担当となる方、等
○講師:弊社電話相談窓口で日々電話相談を受けているカウンセラー
○場所:ダイヤル・サービス株式会社(千代田区三番町)   
○参加費:1名様 3,150円(税込)               
○申込み締切:9月13日(金)
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20130918/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス(株)CSRセミナー事務局
           (担当:高田・山戸・中嶌) Tel 03-6238-7101 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 第9回EAPセミナー
  「ハラスメント事例研究・レベル2 パワーハラスメント編」のご案内

今年6月に開催した第1弾に引き続き、第2弾の開催です。10月にはまとめ編
の開催も予定しています。

○日時:9月24日(火)13:00~17:00
○内容:事例研究~グループディスカッション~発表、等        
○講師:大阪ガス(株)人事部健康開発センター統括産業医
    岡田 邦夫先生
○場所:ダイヤル・サービス株式会社(千代田区三番町)      
○参加費:1名様 7,000円(税込)                 
○申込み:定員40名になり次第締切
 https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20130924/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス(株)EAPセミナー事務局
     (担当:田中・石塚) Tel 03-6238-7101  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆電話カウンセラーから◆◇
  <コンプライアンスと三現主義> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の経営用語に「三現主義」というものがあります。“現場”“現物”
“現実”の3つの“現”を重視し、机上ではなく、実際に現場で現物を観察
し、現実を認識した上で、問題の解決を図らなければならないという考え方
のことです。多くの優良企業では、経営幹部が現場で一般社員と一緒に問題
解決に取り組み、三現主義を実践しています。三現主義は企業を成長させる
ために必要な原理原則とも言われています。

さて、ダイヤル・サービスのコンプライアンス通報窓口には、従業員の方々
から、現場で起こっている問題を何とかしてほしい、という訴えが入ってき
ます。そのとき、会社にどういう対応をしてほしいか、通報者にご希望をお
伺いします。「○○を異動させて」「教育を徹底して」といった、具体的な
要望もありますが、「現場ではこのような事が起きていることを認識してほ
しい」「現場の声を聞いてほしい」といった「現場を見て!」という要望も
少なくありません。

この、「現場を見て!」という要望は、通報者たちがどんなにつらい思いを
しているかを分かってほしいという気持ちの現れです。同時に、ここに会社
の問題がある、と言いたいのではないでしょうか。それは、会社の風土を見
直したら、もっと働きやすく、生産性を上げられる現場になるはずだという
声なのかもしれません。
「ただ見に来ただけでは分からないから、身分を隠してしばらく潜入して、
様子を見てほしい」とまでおっしゃる方もいます。多くの通報者は、上司や
会社に、“現実”(実際に起きていること)を感じ取ってほしいというお気
持ちがあるようです。

以上のように考えると、コンプライアンスにこそ、「三現主義の考え方」は
必要なのではないでしょうか。“現場”で“現物”にあたる従業員の生の声
を聞き、“現実”をコンプライアンス担当者の目で見る。3つの“現”を肌で
知ること、それがコンプライアンスの第一歩なのだと思います。ただ “現場”
に出向き、“現実”を見ただけでは、本当の意味でのコンプライアンスには
なりません。 “現物”としての従業員の声をしっかりと聴き、“現実”を
見極めることが、本当の意味で「現実を認識する」ことにつながるのではな
いでしょうか。

「現場を知ってほしい」と要望する方々は、「現場で起きている現実を知っ
たら、きっと会社は、しかるべき対応をしたくなるはずだ」――そう信じて
いらっしゃるのかもしれません。会社はそういう従業員の思いを受け止め
ることが大切だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス(株)営業部(担当:軍司)までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
  ホットライン通信編集部

 〒102-8018 
 東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
 Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 http://www.dsn.co.jp/

■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
 本メールへ返信してください。
 本メールを転送することに制限はありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□