第57号:「パワハラだと訴えられる前に~部下の上手な叱り方~」

https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ホットライン通信第57号◆
  「パワハラだと訴えられる前に~部下の上手な叱り方~」          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                                                     2013年6月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。

ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

▼目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ホットライン通信からのお知らせ
 「CSR月例研究会」のご案内 
◇電話カウンセラーから
  「パワハラだと訴えられる前に~部下の上手な叱り方~」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇「CSR月例研究会」のご案内 

ダイヤル・サービスでは、毎月1回、企業のCSR、法務担当者向けの研究会
を開講しています。ご興味のある方は、下記までお問い合わせください。

「CSR月例研究会」の特典
【CSR最新情報取得】
毎回、前月までに成立、改正された法律、条令、政令、通達などの最新情報
や最新の判例など、役立つ情報をわかりやすく解説。 
【アドバイス制度】
自身の企業内で発生した個別な事例の対応について講師に随時相談可能。 
【他社情報共有】 
昼食を共にしながら、日々の活動などをざっくばらんに意見交換。 
他社ではどうやっているの? という素朴な疑問を解消する場にも。

○開講日:毎月第4月曜日 12:00~14:00 (年12回開催) 
○場  所:株式会社コンプライアンス・コミュニケーションズ(港区六本木) 
○受講料:法人会員30,000円/月     個人会員10,000円/月 
       (各種資料、テキスト、昼食代含む) 
○対  象:企業のCSR、法務担当者 
○講  師:株式会社コンプライアンス・コミュニケーションズ 藤井裕之氏 
○申込方法・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社
                          CSRセミナー事務局(担当:中嶌)
            Tel:03-6238-7101  E-mail:snakajima@dsn.co.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇◆電話カウンセラーから◆◇
  「パワハラだと訴えられる前に~部下の上手な叱り方~」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービスのセクハラ・パワハラ相談窓口では、部下を持つ方々か
ら「20代の部下を指導していただけなのに、パワハラだと訴えられた」とい
った相談のお電話を受けることが多くなりました。「少し厳しく指導をした
ら、次の日から会社に来なくなった」など、似たような経験をされたことは
ないでしょうか。
「部下がうつ病になってしまったのは自分の指導力が足りなかったからかも…」
と、部下の退職や病気、パワハラの訴えに対してご自身を責めてしまう、そ
んな相談の声もあります。

社会経験の浅い20代は、厳しく指導されたり叱られたりすることに不慣れな
人が少なくありません。人間関係において、縦社会よりも同級生や仲間とい
った横のつながりを大事にして成長してきたからでしょうか。上司や先輩と
の会話にも、不安や緊張感を抱いています。そのためか、仕事に失敗して叱
られると、自分の人格を否定されたと思いこむ人も多くいます。
そこで、上手に部下を叱るポイントは、人間性を否定せず、問題となった事
実だけを伝えていくということ。また、何かを指示する時は「○○をしなさ
い」という言い方ではなく、「君が○○してくれると助かる」という言い方
にするだけで、指示された側にとっては「自分に○○をする能力があると認
められている」という肯定感につながります。

しかし、時には厳しい指導も必要です。
部下自身が自分の成長につながることと思えれば、たとえ厳しく指導され、
叱られても「パワハラを受けた」と訴えることはないでしょう。
最近の20代は小学生の頃から「分からないことはすぐに聞く」「分からない
ことは調べる」ように指導を受けてきています。インターネットの普及もあ
り、情報を集めることは得意です。その情報収集能力を駆使して情報を集め、
そこからなぜ失敗し、これからどう対応すべきかを自分で考えるよう導いて
いってはどうでしょうか。「聞く」「調べる」ことは得意でも、そこから
「考える」ことは不得手なことがあります。最初は一緒に考えてあげると良
いかもしれません。自分で考える能力を身につけた時、それは、失敗が成長
に結びついた時です。

部下を上手に育てることは、上司本人の肯定感や自信にもつながります。
部下を大切にすることは、自分自身を大切にすることでもあるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス(株)営業部(担当:軍司)までご連絡ください。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
  ホットライン通信編集部

 〒102-8018 
 東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
 Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 http://www.dsn.co.jp/
■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
 本メールへ返信してください。
 本メールを転送することに制限はありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□