第48号:労働契約法及び労働者派遣法の改正で思うこと

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 ◆ホットライン通信第48号◆
 <労働契約法及び労働者派遣法の改正で思うこと>        
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
                                                     2012年9月25日
 メールをご覧いただいている皆さまへ

スポーツの秋到来です! 皆様はいかがお過ごしですか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動にお役立て頂けるよう、
弊社ならではのトピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報を
お知らせいたします。

(ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください)
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 ◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
第7回 ダイヤル・サービス(株)EAPセミナーのご案内

毎回大変好評をいただいております「EAPセミナー」も今年で第7回目を
迎えます。今回は、話題の「メンタルヘルスチェック義務化」をテーマに、
労働安全衛生法の諮問委員でもある岡田邦夫先生を講師にお迎えして、開催
いたします。
  
○タイトル:「間もなくスタート! 職場におけるメンタルチェック義務化」
○日時:10月19日(金)13:30~17:00
○内容:厚労省では、昨年12月、すべての事業者を対象に従業員へのメンタ
    ルチェックを義務づける労働安全衛生法の改正案を国会に提出しま
    した。間もなくスタートするこの制度に備えるべく、改訂のポイン
    ト、企業の取り組むべき対策、その課題を明らかにします。
○講師:大阪ガス(株)人事部健康開発センター統括産業医
    岡田邦夫先生
○場所:日本教育会館 一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋2-6-2)
    http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html    
○参加費:弊社お取引先企業 1,000円(税込)
          一般参加     3,000円(税込)
      ※参加費は当日会場にて申し受けます                
○定員:150名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
○申込み方法:弊社ホームページより詳細参照の上、10月12日(金)まで
       に申込みフォームにてお申込みください。
  https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20121019/
○主催・お問い合わせ:
  ダイヤル・サービス株式会社 EAPセミナー事務局
 (担当:田中・服部) Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102 

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 ◇◆電話カウンセラーから◆◇
 <労働契約法及び労働者派遣法の改正で思うこと>   
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
8月10日、労働契約法の一部を改正する法律が公布されました(一部は公布
と同時に施行、残りは1年以内に施行)。引き続き、10月1日からは労働者
派遣法改正法が施行されます(一部は平成27年から施行)。
今回の改正では、契約社員・派遣社員の雇用不安を軽減し、待遇改善を目指
す内容になっています。

ダイヤル・サービスの通報・相談窓口は、契約社員、派遣社員の方々にもご
利用いただいています。
・「正社員より仕事をしているのに、給料は安いし有休も取れない」
・「経験を積んでいるのに、新入社員と給料が変わらない」
・「私より勤務態度の悪い人が契約を更新されたのに私は契約終了になった」
・「通勤時間が倍かかる部署への異動を打診されている。断ると契約を打ち
    切られるかもしれない」
など、労働条件や雇い止めに関する相談も多く寄せられます。今回の改正に
より、このような相談は減っていくことでしょう。

しかし、法律だけでは変えられない問題もあります。
・「私に聞こえるとわかっているはずなのに、ある社員が他の社員に『そん
    なの派遣にやらせときゃいいだろ』と言っていた」
・「所属する部署は、自分以外は全員正社員である。そのためか、みんなで
    飲み会をする時に誘ってもらったことがない」
・「人事担当者と上司が、私の目の前で私の契約について話し合っていた。
    彼らにとって私は存在していないかのようだった」
少し大げさかもしれませんが、ご自分の立場を、「女工哀史」の女工に例え
る方もいらっしゃいました。派遣社員の目の前で、本人を無視して契約につ
いて話し合っていた上司達は、自分達の行為が、商品を前にして値段の交渉
をするのと同様であることに気づいていたでしょうか。人を物のように扱っ
ていると気づいていたでしょうか。これらは、古今東西変わらない差別の問
題です。人の心、品性の問題です。ハラスメントもここに端を発します。

これらの問題は、“相手を対等な人間として尊重する”ことで解決できます。
ただ、“相手を対等な人間として尊重する”ためには心のゆとりが必要です。
心にゆとりがあると、他人の気持ちを思いやることができます。自分を客観
的に見つめ、差別的な考えや言動に気づくことができます。

心にゆとりを持つためには、心のメンテナンスがとても大切です。心のメン
テナンスのためには、安心できる人に相談する、自分にあったリラクゼーシ
ョン方法を知る、メンタルヘルスの知識を得ることなどが役に立ちます。
ダイヤル・サービスでは、相談や研修を通して、心のメンテナンスのお手伝
いをしたいと願っております。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス(株)営業部(担当:軍司)までご連絡ください。

□■□--------------------------
ダイヤル・サービス株式会社
  ホットライン通信編集部

 〒102-8018 
 東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
 Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
 https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
 http://www.dsn.co.jp/
■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
 本メールへ返信してください。
 本メールを転送することに制限はありません。

--------------------------□■□