第34号:忙しくて休めない方へ

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆ホットライン通信第34号◆
「忙しくて休めない方へ」
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
2011年7月25日
メールをご覧いただいている皆さまへ

今年の夏は、風鈴、蚊取り線香、縁台、すだれがよく売れているとか。
節電の影響で懐かしい風情が漂う今日この頃です。
皆さまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動にお役立て頂けるよう、
弊社ならではのトピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報を
お知らせいたします。

(ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください)

https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆CSRセミナー「東日本大震災と企業防衛」 開催報告

ダイヤル・サービス(株)と、(株)コンプライアンス・コミュニケーションズ
共催のセミナーの詳細を、ダイヤル・サービスのホームページに掲載いたし
ました。下記URLよりセミナー詳細をご覧ください。

https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20110524/

○開催日:2011年5月24日(火)
○内 容:1. 東日本大震災における社会の激変とコンプライアンス
講師:郷原 信郎 氏(弁護士、郷原総合法律事務所代表)

2.「震災後のCSR」を読む
講師:楠 茂樹 氏(上智大学准教授)

3.放射能風評被害・計画停電におけるリスクと企業防衛
講師:藤井 裕之 氏
(株式会社コンプライアンス・コミュニケーションズ 代表取締役)

4.新商品「I-SAC」の説明
講師:高田奈穂子 (ダイヤル・サービス株式会社 営業部)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆電話カウンセラーから◆◇
「忙しくて休めない方へ」
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
「忙しくて休めない」
ダイヤル・サービスのメンタルヘルス相談窓口をご利用される方の多くは、
大抵このようにおっしゃられます。中には、「むしろこのまま働き続けて
倒れてしまったほうが、休めるのではないかと思ってしまう」とまで言わ
れる方もいらっしゃいます。

どなたにも共通している点は、「やらなければならない仕事量が多く」、
かつ「他の人にその仕事を代わってもらうことができない」ということで
す。職場の誰もが同じ状況なのに、自分だけ負担を減らすことなどできな
い。そんなことをしたら、周りの人の負担が更に増えてしまう。また、同
僚も同じような状況にいる。何とか助けたいが、とても自分にはそんな余
裕がない。今、このような状況が多くの職場で起きています。

そんな状況を何とか乗り切るために、3つのことをお勧めします。

まず第一に、「いつまでと期限を決める」ことです。
どんなに優れた長距離のランナーでも、ゴールのないレースを走ることは
できません。ここまで、と決められた目標があるからこそペースの配分が
できるのです。期限を定めない仕事の仕方は、終わりのないマラソンを走
り続けるようのもので、いつか力尽きて倒れてしまい、立ち上がるのには
相当な日数がかかることとなるのです。

第二は、「寝ること」と「食べること」です。人を自動車に例えて言うな
らば、「寝ること」は、バッテリーの充電であり、「食べること」は、ガ
ソリンの補充です。どちらが欠けていても車は動きません。たとえ短くと
も質の良い睡眠と、バランスのとれた適切な量の食事が不可欠です。くれ
ぐれも暴飲暴食で、更なる負担を心身に掛けることは避けましょう。

第三は、「味方をつくる」ことです。自分の抱えている辛い気持ちを理解
してくれて、ぐちを聞いてくれる「味方」がいなければ、「忙しくて休め
ない」という厳しい状況を乗り切ることはできません。孤独なマラソンラ
ンナーも、沿道の声援から力をもらっています。
ただしそのためには、家族や友人そして職場の方々との普段からの関係作
りが大切になります。それまでに築いておいた人間関係が、苦しいときの
支えとなるのです。

そして最後にもう一つ加えさせていただきます。それは、「自分自身を大
切にすること」です。もし力尽きて倒れてしまったとしても、抱えていた
仕事は結局、誰か他の人に引き継がれることになるでしょう。しかし、自
分自身の代わりには誰もなることができません。そうなる前に是非上記の
3つを実行していただいて、自分を大切にしていただきたいと思います。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス(株)CSRコンサルティンググループ
(担当:高田・山戸)までご連絡ください。

□■□--------------------------
ダイヤル・サービス株式会社
CSRコンサルティンググループ
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
http://www.dsn.co.jp/
■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
本メールへ返信してください。
本メールを転送することに制限はありません。

--------------------------□■□