第31号:東日本大震災被災者向け電話相談窓口からのご報告

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆ホットライン通信第31号◆
東日本大震災被災者向け電話相談窓口からのご報告
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
2011年4月25日
メールをご覧いただいている皆さまへ

東日本大震災被災地である東北からも花の便りが聞かれる頃となりました。
皆さまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動にお役立て頂けるよう、
弊社ならではのトピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報を
お知らせいたします。

(ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください)
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆ダイヤル・サービス(株)では、東日本大震災の被災者向け電話相談窓口
「女性のための健康・育児相談」を行っています。

「女性のための健康・育児相談」
フリーダイヤル 0120-556-245     http://www.dsn.co.jp/
毎日休みなく、10:00~16:00でお受けしています。

※携帯・PHS可。固定電話は、
東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)、新潟県、
関東1都6県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県)
でつながります。
※助産師、保健師、看護師がお答えします。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆「女性のための健康・育児相談」窓口からのご報告◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
3月23日より、緊急に窓口を設置し、被災者の方々からの相談受付を開始い
たしました。初日から30件近い相談が被災地から入っています。ほとんど
の相談は福島県から、放射線の影響を心配する内容でした。
特に、妊娠中や乳幼児をもつ女性の心配は大きく、水、野菜の摂取に悩む
様子がうかがえました。

~相談例~
水道水を1歳未満の乳幼児には飲ませないようにという指示が出ました。
生後8ヵ月の娘を母乳と離乳食で育てていますが心配です。母乳は飲ませ
てよいですか。また離乳食作りに水道水を使っても大丈夫でしょうか。
(福島県郡山市 20代女性)

~回答~
乳幼児を抱えての被災、さらに放射線の影響に対する不安も重なり、さぞ
ご心配なことでしょう。
母乳を飲ませてよいかどうかについてのご相談ですね。母乳は赤ちゃんを
感染症から予防し、栄養面では赤ちゃんにとっての完全食品です。授乳に
よる放射線の影響はほとんどないと言われていますので赤ちゃんが欲しが
るだけ飲ませてあげてよいでしょう。
なお、3月24日には「日本産婦人科学会」より、「母乳中に分泌される放射
能活性を持ったヨウ素は母体が摂取した量の4分の1程度と推測されますが、
確定的なことはわかっていません。現時点では授乳中の女性が軽度汚染水
道水を連日飲んでも、母体に健康被害は起こらない、授乳を持続しても乳
幼児に健康被害は起こらないと推定されます。」と発表されています。
どうしても心配であれば、飲料はペットボトルのものを飲み、野菜も冷凍
食品や缶詰類を利用したほうが気分的に安心でしょう。離乳食についても、
できればレトルトや瓶詰め、水を使わない食品の利用、調理するならペッ
トボトルの水で対応するとよいでしょう。ですが代替品が手に入らなけれ
ば、水道水を使って調理しても人体に今すぐ影響を及ぼすものではありま
せん。

~被災者の方々の声~
窓口開設当初から「水道水、井戸水を使って大丈夫か」という心配の声と
共に、「ガソリンがないので身動きがとれない」「ペットボトルやレトル
ト食品が売っていない」という被災地からの訴えが多くありました。
初めての育児というだけでも不安なのに、こんな事になり、不安で不安で
たまらない、という母親たち。妊娠中のため放射線の影響が心配という女
性。相談員は見えない物質におびえる母親の気持ちに耳を傾けることしか
できません。それでも話した後に「お話して少しすっきりしました」と
電話を切られる方もいらして、「誰かに話を聴いてもらう」ことの大切さ
を再認識しています。

ダイヤル・サービス(株)では、引き続き被災地の方々を見守り、応援し
てまいります。つきましては、皆様にお願いです。
「女性のための健康・育児相談」フリーダイヤルをより多くの被災者の方
々にご利用いただけるよう、被災地および避難所に広くお知らせいただき
たく、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス(株)CSRコンサルティンググループ(担当:高田・山戸)
までご連絡ください。

□■□--------------------------
ダイヤル・サービス株式会社
CSRコンサルティンググループ
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101 Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
http://www.dsn.co.jp/
■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
本メールへ返信してください。
本メールを転送することに制限はありません。

--------------------------□■□