第21号:通報・相談者が求めていること

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆ホットライン通信第21号◆
「通報・相談者が求めていること」
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
2010年6月25日
メールをご覧いただいている皆さまへ

梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを感じるこの頃です。
皆様はいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動にお役立て頂けるよう、
弊社ならではのトピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報を
お知らせいたします。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
第21号目次
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇

第17回CSRオープンセミナー開催のお知らせ
「グループコンプライアンス推進のポイント」
~グループ経営ビジョンの実現に向けて~

◇◆電話カウンセラーから◆◇

「通報・相談者が求めていること」

通報・相談をくださる方々は、外部窓口に何を期待し、また、
会社に何を求めているのでしょうか。

(ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください)

https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆第17回CSRオープンセミナー開催のお知らせ
「グループコンプライアンス推進のポイント」
~グループ経営ビジョンの実現に向けて~

グループコンプライアンスの推進は多くの企業にとって避けて通れない
課題です。本セミナーでは、「グループコンプライアンスの進め方」や、
「NECにおけるコンプライアンス徹底への具体的取り組み」について
各講師にお話いただきます。

日 時:7月21日(水)13:00~17:00(12:30開場)
講 師:高橋 敦司氏
株式会社インターリスク総研 コンサルティング第一部
CSR・法務グループ 上席コンサルタント
中村 暢彦氏
日本電気株式会社 リスク・コンプライアンス統括部長

会 場:全国町村会館 2階 ホールB (永田町駅3番出口徒歩1分)
入場料:無料
申込み:弊社ホームページにて詳細参照の上、申込みフォームにて
お申込みください。
主催・お問い合わせ:
ダイヤル・サービス(株) CSRセミナー事務局(担当:高田・山戸)
電話:03-3478-8030 FAX:03-3478-1102

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆電話カウンセラーから◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
「通報・相談者が求めていること」

ダイヤル・サービス(株)では、企業の従業員の皆様が通報・相談できる
外部窓口サービスを行っています。お電話をくださる通報・相談者は、
外部窓口に何を期待し、また、会社に何を求めているのでしょうか。

●自分の考えが間違っていないか確かめたい

通報・相談者は、自分が働いている職場で起きている事(上司の態度、
人間関係、不正、働き方等)に悩んでお電話をくださるときに、自分が
その環境に長時間いることで、何が正しくて間違っているかもよく分か
らない状況に陥っていることが少なくありません。
そのため自分の考えや捉え方が間違っていないか、また、ひとりよがり
の思い込みではないかと心配になり、相談員の客観的な意見を期待して、
「これはパワハラ・セクハラに当たると思いますか?」、
「これは違法ではないでしょうか?」と質問されることがよくあります。
私たち外部窓口は、法律の専門機関ではないため、法的な立場で判断し
てお伝えすることはできません。しかし、相談員はお気持ちを支えなが
らお話をしっかりお聴きし、少しでも状況が改善されるためにどのよう
な方法があるかを一緒に考えます。
このように相談員が関わっていくことで、通報・相談者は、あらためて
ご自身が置かれている状況を冷静に見つめられ、ご自身で今後の対処法
を決めていくことができるようです。

●通報・相談内容を会社に真摯に受け止めてほしい

通報・相談者のお話で、「思い切って上司に相談しても職場内、所属会
社内では、深刻な問題だと捉えてもらえず、なにも対処されない」また
は、「注意だけで終わってしまい状況が改善されない」ということがあ
るとお聞きします。
そこで、私どもの外部窓口から本社に伝えてもらい対応してもらうこと
で、所属会社・部署にも大きな問題だと受けとめてもらえるのではない
かと考えてお電話をくださいます。
反対に、大事にしたくないというお気持ちもあり、「具体的な対応は望
まないが、会社にこの通報・相談内容を知っておいてほしい」と話され
る方もいます。このように話す通報・相談者のお気持ちの中には、従業
員が現在このようなことで苦しんでいるのだという事実を会社に知って
ほしい、そしてこの通報・相談内容を、個別の対応ではなく、会社全体
の運営に活かしてほしい、そんな願いや期待が込められていることがあ
ります。
また、「何度も職場内で相談し、訴え続けたけれども改善されなかった。
だから会社には期待していない。信用していない」とおっしゃる方もい
ます。しかし、それならなぜ外部といえども会社と関係のある窓口にお
電話されるのでしょうか。通報・相談者が電話をしてくるということは、
「やはり諦めきれない、会社を信じたい」そして、「会社にこの状況を
問題だと受け止めてほしい」という期待があるように感じます。

私どもは、通報・相談者のこの思いを受け止め、企業の皆様に伝えてい
くことで、問題解決のお手伝いができればと思っています。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの外
部相談窓口についてのお問い合わせは、ダイヤル・サービス(株)CSR
コンサルティンググループまでご連絡ください。

□■□--------------------------
ダイヤル・サービス株式会社
CSRコンサルティンググループ
ホットライン通信編集部

〒107-8610
東京都港区南青山4-20-19
Tel 03-3478-8030 Fax 03-3478-1102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
http://www.dsn.co.jp/
■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
本メールへ返信してください。
本メールを転送することに制限はありません。

--------------------------□■□