第12号:企業のリスクマネジメント

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆ホットライン通信第12号:「企業のリスクマネジメント」◆
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
2009年9月25日
メールをご覧いただいている皆さまへ

日増しに秋の深まりを感じるころとなりました。
皆様、秋の大型連休はいかがお過ごしになりましたか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動にお役立て頂けるよう、
弊社ならではのトピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報を
お知らせいたします。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
第12号目次
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇

受講料割引キャンペーン実施中!10月の公開セミナー開催情報

◇◆電話カウンセラーから◆◇

「企業のリスクマネジメント」

会社の迅速なリスク対策は、全社に浸透しているでしょうか?
現場の社員に疑問や不満を持たれていませんか?

(ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください)
https://www.dsn.co.jp/mailmagazine/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆受講料割引キャンペーン実施中!10月の公開セミナー開催情報

『質問力を高めるコミュニケーション実践研修』(10/6)
『新入社員フォローアップ研修』(10/7)
『モニタリング&フィードバック実践研修』(10/8)
『電話応対基本研修』(10/21)
『クレーム応対基本研修』(10/28)
『アクティブリスニング実践研修』(10/29)

受講料:特別割引受講料 23,625円(通常受講料 26,250円)
会場:ダイヤル・サービス(株)セミナールーム
主催・申込み・お問い合わせ:ダイヤル・サービス(株)
人材育成・研修グループ (担当:松崎)
電話:03-3405-9158 FAX:03-3478-1102

公開セミナー情報の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.dsn.co.jp/seminar/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

◆「 Pick up!最新コンプライアンスニュース」はこちら
http://www.comp-c.co.jp/report/index.html

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◇◆電話カウンセラーから◆◇
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆「企業のリスクマネジメント」

突発的な事柄が起こると、会社は迅速なリスク対策を迫られますが、具体
的な対応方法が従業員一人ひとりにまで正確に浸透するのは難しく、その
ため現場で様々な疑問や問題が生じるきっかけになりやすいようです。
例えば、最近の事例では「新型インフルエンザ」があげられます。

<事例>
今年の春に遠方の実家に帰省した。折り悪く、その時期が新型インフルエ
ンザの流行と重なり、出発直前に会社からリスク対策として「国内外とも
遠出を自粛するよう」に通達があった。しかし法事などの予定もあり、今
回帰省しないと次はいつ帰れるか分からなかったので上司に事情を説明し、
承諾を得た。
ところが、帰省を終えて戻ってきたところ、上司から連絡が入り「上から
の指示だ」と前置きの上「大事を取って7日間は自宅待機をするように」
と命じられた。さらに「この期間は欠勤扱いになる」と言われ、驚いた。
「7日間も欠勤になると査定に響いてしまうので有給休暇を使わせて欲し
い」と頼んだが、理由もなく、頭ごなしに却下された。
上司ははっきりとは言わないが、その口ぶりに「7日も休まれて周りはい
い迷惑だ」と非難の色が感じられた。
予防には十分気を配っていたのに、突然自宅待機を命じられ腹が立った。
その上皆に迷惑をかけているという口ぶりに、ひどく傷ついてしまった。
自宅待機の取り扱いについて会社に確認したくて、今日は電話した。

この事例では、会社が決定した対応策は、正しく現場に伝わっているよう
ですが、対応策が決まるまでに検討されたであろう、会社としての考え方
や意図までは十分に伝わっていません。
対応策の根拠が説明されず、事前の説明がないまま、直属上司から結果だ
けを指示されても、説得力が伴わず、指示を受けた方は「なぜそうなるの
?」と納得し難くなっているようです。

さらに、上司の態度に否定的な感情がにじみ出ているため、自分が非難さ
れたように感じて傷ついてしまいました。
こうなると、指示を受けた方は、対応策について何の説明もないことへの
納得し難い気持ちも重なり、上司に対する不信感が生じてしまいます。
そのため、疑問を解消するために詳しい説明を聞きたくても、「上司に尋
ねて明確な回答が得られるのか」と疑問をもってしまいます。

この事例のような「会社に確認したい」という外部窓口への問い合わせの
お電話は、企業のリスクマネジメントにどのようにつながっていると思わ
れますか?

内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの外
部相談窓口についてのお問い合わせは、ダイヤル・サービス(株)CSR
コンサルティンググループまでご連絡ください。

お問い合わせ:ダイヤル・サービス(株)
CSRコンサルティンググループ
電話:03-3478-8030 FAX:03-3478-1102

□■□--------------------------
ダイヤル・サービス株式会社
CSRコンサルティンググループ
ホットライン通信編集部

〒107-8610
東京都港区南青山4-20-19
Tel 03-3478-8030 Fax 03-3478-1102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
https://www.dsn.co.jp/services/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
http://www.dsn.co.jp/
■メール配信の停止、配信先変更などのご連絡は
本メールへ返信してください。
本メールを転送することに制限はありません。

--------------------------□■□