第140号:ひと言ひと言を大切に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第140号◆
<ひと言ひと言を大切に>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年5月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

 

さわやかな初夏の風が吹くころとなりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではの
トピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ダイヤル・サービスの感染予防策あれこれ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービスでは、新型コロナウイルス対策本部を立ち上げ、最善を
尽くしてサービスを提供し続けてまいります。
本社内では様々な感染予防措置をとっています。そのいくつかをご紹介します。

 

・免疫力を高める効果があるとされている乳酸菌を豊富に含む
「ヨーグルトドリンク」を全社員に、1日1本支給。
・「うがい薬」を洗面所に設置。声を使って仕事をする相談員に好評。
・抗ウイルス性能のある「接触感染対策テープ」をドアノブやスイッチに貼り付け。
・除菌成分の含まれている「屋内用玄関マット」を各執務室入口に設置。
・ウイルス除去効果のある次亜塩素酸「除菌消臭水」を加湿器で継続噴霧。

 

○新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社の対応について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ダイヤル・サービス営業社員のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービスでは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、
事業継続に向けた対応として、可能な限り、社員の在宅勤務を行っています。
今月は、テレワークに移行した当社営業社員の心のつぶやきをご紹介します。

 

<初めてのZoom営業>
先日、初めてWeb会議ツールZoomを使った営業を行った。
しかも、初訪問がプレゼンテーションの場という、IT音痴の中年営業マンに
とってはなかなかのしびれる状況…   ⇒続きはこちらからPDFでご覧頂けます

 

<私の快適在宅ワザ>
どうしても仕事とプライベートの境界線が曖昧になりがちな在宅ワーク。
ふとしたところで緊張感が切れてしまいます…⇒続きはこちらからPDFでご覧頂けます

 

〇お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 営業部
Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<ひと言ひと言を大切に>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、在宅ワークをして
いる方もいらっしゃると思います。在宅ワークでは、会議アプリなどを利用し、
映像や音声でやり取りをする場合もありますが、メールやチャットなど、文章
でのやり取りが主流になっているのではないでしょうか。

 

そのためか、ダイヤル・サービスのハラスメント相談窓口には、文章での
コミュニケーションに関する相談が入ってきています。例えば…、

 

「上司から『〇〇社の作業はどうなっているんですか。進捗状況をこまめに
報告するようにと言ったはずです。在宅勤務だからこそ、報連相はきちんと
するように!』というメールが送られてきました。ちょうど、状況を報告
しようと思っていた矢先のことでした。出社している時より、長時間働いて
いるくらいなのに、怠けているかのように言われショックです。
上司のことが怖くなりました」

 

皆様は、この相談を読んで、どう感じたでしょうか?
「普通の指導だよね。何が問題なの。何が怖いの?」と思った方もいれば、
「こんな風に言われると傷つくよ。自分も同じような経験したことあるからわかる」
など、ご自身の立場や経験によって、様々な感想を持たれたのではないかと
思います。

 

文章は、書いた後に推敲できるので、情報を客観的にコンパクトに伝えること
ができます。しかし、対面であれば、表情や声の調子などから推察できる感情
や雰囲気については、伝えるのも受け取るのも難しくなります。
そのため、受け取り手の解釈の幅が広がり、時には、送り手の意図とかけ離れた
解釈をされてしまうこともあります。
上司は何気なく注意したつもりでも、部下が恐怖を感じる可能性があるわけです。

 

在宅ワークは孤独です。それに加え、今は社会的に緊迫した状況です。
「孤独+社会的な不安=負の感情・思考に陥りやすい状態」です。
そのため、文章表現には、平常時よりも配慮が必要です。ただ、考えすぎると
ストレスになりますので、「少しだけ、文章に表情を持たせる」ことをお勧めします。

 

絵文字やイラストを加えたり、色やフォントを変えたりする方法もありますが、
語尾をひと工夫するだけでも、文章の表情を変えることができます。
相談例の上司のメールであれば…、

 

「〇〇社の作業はどうなっているんですか?進捗状況をこまめに報告するようにと
言ったはずですよ。在宅勤務だからこそ、報連相はきちんとするようにね」
いかがでしょうか。
「。」を「?」に変え、語尾に「よ」と「ね」を付け加えただけでも、
少し柔らかい雰囲気になったと思いませんか?

 

とても小さなことですが、言葉の表現一つで伝わる気持ちは変わります。
困難な時期をともに乗り越えるためにも、ひと言ひと言を大切にしてみましょうね。

 

※この事例は実際の事例ではなく、複数の事例を再構成したものです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
■メール配信先変更はこちら
■メール配信停止はこちら
■本メールを転送することに制限はありません。
■本メールへの返信には対応いたしかねます。ご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□