第135号:渋柿のなぞ…そこにこだわるわけは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第135号◆
<渋柿のなぞ…そこにこだわるわけは?>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年12月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

令和初の年末が近づいてまいりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではの
トピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーはこちらよりご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「内部通報認証 自己適合宣言制度をパスするための最強マニュアル」
発刊のお知らせ

このたび、ダイヤル・サービス株式会社は、内部通報認証自己適合宣言登録
のための完全ガイドを発刊いたしました。
当社は、消費者庁の「内部通報制度認証制度(自己適合宣言登録制度)」を
2019年4月に日本で3番目の早さで登録。
その経験を踏まえたノウハウを本著にまとめました。
コンセプトは「これ1冊で自己適合宣言はOK」。
登録を目指す企業様には必携の書です。

○内容:「内部通報認証 自己適合宣言制度をパスするための最強マニュアル」
・37の審査項目を徹底解説
・著作権フリーの資料集
・登録に役立つサービスも紹介
○価格:Kindle版 7,000円(税抜き)
書籍版 9,000円(税抜き)2020年1月発売予定
○Kindle版購入はこちらから
○発行・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 営業1部1課
Tel 03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「月刊人材ビジネス」にて、
ダイヤル・サービス「障害者・職場トラブルヘルプライン」紹介のお知らせ

「月刊人材ビジネス」2020年1月号(株式会社OPN/2020年1月1日発行)の
新春特別リポートにて、ダイヤル・サービスの企業倫理ホットライン契約企業に
提供しているサービス「障害者・職場トラブルヘルプライン」が紹介されます。

・ダイヤル・サービス株式会社「障害者・職場トラブルヘルプライン」

・「月刊人材ビジネス」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<渋柿のなぞ…そこにこだわるわけは?>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
子どもの世界は謎に満ちていています。子どもが「なぜ?」「どうして?」
と問いかけてきた時こそ、子どもが考えるための最高のチャンス。
ダイヤル・サービスの子どもの電話相談員は、「よし来た」と子どもの疑問
に寄り添いながら話をします。

中学生のA子さんは、相談員を困らせるのが楽しみで電話をかけてくるので
はないかと思うほど「なぜ」を繰り返し、矢継ぎ早に質問をしてきました。
彼女は、生物や科学が大好きで、知識も豊富で困らせ質問の連発なので、
受けた相談員にいつもの緊張が走ります。

「渋柿を甘柿に接ぎ木すると、甘柿ができるでしょ。その種をまくと、
また渋柿に戻ってしまうのはどうして?」

「(!?)ちょっと待って。えーと、接ぎ穂の甘柿の花に、他の渋柿の花粉が
受粉してしまったから…らしいね」

「じゃあ、甘柿になることもあるんだ…ってことは、柿は自家受粉だけですか?」

「えっ、ジカジュフン?」

後日、さらに専門的な質問が続き、ついにわたしたちはギブアップ。
仕方なくA子さんの質問に答えられそうな科学博物館を案内しました。
「これで彼女も満足するだろう」。私たちはそう思っていました。

ところが数日後、A子さんは、またも電話をかけてきました。
「すごくよく分かったけど、また違う疑問がわいたの。でも、もう一度あそこに
電話をかけるのは嫌だな。何か迷惑っぽかったし。あたし、変なこと聞いてます?
分からないことがあると質問する癖があって、友達には嫌われるんだ」

この時、彼女に他を案内したのは失敗だったかもしれない、と思いました。
そして、A子さんが急にいじらしくなって、自然と次の言葉が出ていました。

「なぜ柿に興味を持ったの?」
すると、一瞬の沈黙の後、A子さんは角の取れた穏やかな声でこう言いました。
「小さい頃、お父さんと一緒に食べた甘柿の種を空き地にまいたら、渋柿がなって、
なぜだろうと思ったの。それで、お母さんに聞いたけど、あなたの勘違いじゃないの
って取り合ってくれなくて…」

「そうか、そんな思い出があったんだね」
「あの時、涙が出てきたんだ、わたし。すごく悔しかった」
お母さんに「どうしてかな」と考えてほしかったA子さん。一瞬胸が詰まりました。

A子さんが「なぜ」という問いに託して求めていたのは、正しい答えではありません。
同じ方向を向いて一緒に考えてくれる大人だったのでしょう。

※この事例は特定の相談ではなく、さまざまな事例を再構成しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
■メール配信先変更・停止はこちら
■本メールを転送することに制限はありません。

■本メールへの返信には対応いたしかねます。ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□