第133号:人を理解するために

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第133号◆
<人を理解するために>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年10月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

このたびの台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますよう
お祈り申し上げます。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではの
トピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーはこちらよりご覧ください。

目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信からのお知らせ
1.公開研修“「聴く」ための基本スキル(初級)研修”のご案内
2.公開研修“内部通報 調査スキル研修(新任担当者向け)・京都”のご案内
3.公開研修“「聴く」ための基本スキル(中級)研修”のご案内
◆電話カウンセラーから
<人を理解するために>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.公開研修“「聴く」ための基本スキル(初級)研修”のご案内

毎回好評の当研修。初めて社内窓口の相談担当者になる方はもちろん、
ステップアップを目指すご担当者様等、皆さまの定番の教育プログラムとし
てご活用ください。

○日時:11月11日(月)13:30~17:00
○内容:相談を受ける際の心得、聴き方の説明、ロールプレイなど
○対象:社内窓口担当者として基本を学びたい、学び直したい方、初めて
窓口担当となる方、等
○講師:弊社企業倫理ホットライン相談員
○参加費:1名様 3,000円(税別)
○場所:パズル一番町 セミナールーム1(千代田区一番町)
○申込み締切:11月5日(木)
⇒お申込み・詳細はこちらから
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 セミナー事務局
(担当:金原・高田) Tel 03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.公開研修“内部通報 調査スキル研修(新任担当者向け)・京都”のご案内

「通報が入った後、どのような手順で調査すればいいのか」「調査をする上で、
何に注意すればいいのか」新任で社内通報・相談窓口になられたご担当者向けの
基礎的な研修です。関西の企業様が参加しやすいよう、京都で開催いたします。

○日時:11月27日(水)13:30~17:00
○内容:通報処理の流れと調査における注意点のレクチャー/
通報内容の把握、調査方針の検討についてグループワーク、等
○対象:内部通報制度を運営する部署で、初めて窓口担当となる方、
あるいは調査の経験がほとんどない方
○講師:弊社企業倫理ホットライン相談員
○参加費:1名様 7,000円(税別)
○場所:株式会社村田製作所 会議室(京都府長岡京市)
○申込み締切:11月21日(木)
⇒お申込み・詳細は、こちらから
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 セミナー事務局
(担当:金原・高田) Tel 03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3.公開研修“「聴く」ための基本スキル(中級)研修”のご案内

「従業員からの相談を自己流で受けているけれど、これでいいのか」と感じ
られているご担当者を対象に、さらなるステップアップを目指す研修です。

○日時:12月12日(木)13:30~17:00
○内容:聴き方の基本スキルの振り返り/
困難事例の聴き方についてディスカッション/困難事例応対のロールプレイ
※各グループに弊社のベテラン相談員が入り、応対のアドバイスをいたします。
○対象:社内窓口対応の経験がありさらにステップアップしたい方、
弊社の「聴くスキル(初級)研修」を受講済みの方
○講師:弊社企業倫理、ハラスメント、メンタル相談窓口のベテラン相談員
○参加費:1名様 7,000円(税別)
○場所:パズル一番町 セミナールーム1(千代田区一番町)
○申込み締切:12月6日(金)
⇒お申込み・詳細はこちらから
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 セミナー事務局
(担当:金原・高田) Tel 03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<人を理解するために>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メンタル相談で多いのは、職場の人間関係の問題です。
「あいつは何を考えているんだ!」「言っている意味が分からない!」と、
相手のことが理解できないときは、とてもストレスを感じるものです。
人の心の中を直接のぞければ手っ取り早く理解できそうですが、残念ながら
そんなことはできません。人は、主観から抜け出ることができないので、
他人の心を理解するときも、自分の主観に基づいた推論に頼らざるを得ません。
だから、他人を理解できないということがおこるのです。

私たち電話相談員は心の専門家です。心の仕組みについて日々勉強をしています。
心の仕組みを知り、受容・共感の姿勢を軸にしながら相談者に寄り添います。
それでも時折、この人の話や考え方は理解不能と感じてしまうことがあります。
そういうとき、私たち相談員はどうするかというと、他人を理解しようとする前に、
まず自分の心に注目します。自分の心の動きを観察することが、他者理解の
ためのヒントになるのです。

例えば、楽しいと感じたとき、その感覚の中身に注目してみましょう。
単に“楽しい”といっても、何に対して、どのように感じたかということには
違いがあります。笑える出来事があって楽しい、いやな奴が不幸になって楽しい、
本を読み終わって知的好奇心が満たされたから楽しい、
喧騒から離れて一人になることができたから楽しいなど、さまざまです。
また、楽しさの強度にも違いがあります。ほどほどの楽しさ、そこそこの楽しさ、
何気ない楽しさ、今まで感じたことのない楽しさ、などなど。

このように自分の心の機微を把握しておくと、他人の心の動きを推論する根拠
として役立てることができます。心の動きの特徴は人それぞれです。
自分の心の動きを把握するということは、自分がどんな出来事に反応しやすいか
を知るということでもあります。自分の反応の特徴を知っておけば、
対人関係のトラブル防止に役立てることもできます。

芸術の秋、心を動かされるイベントがたくさん行われています。
心が揺さぶられる経験をしたら、視線を自分の内側に向けて、心の機微を観察
してみてはいかがでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
■メール配信先変更/ 配信停止 はこちら
■本メールを転送することに制限はありません。
■本メールへの返信には対応いたしかねます。ご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□