第129号:「あんたが死ねば良かったのに」~母親に言われた中3の女の子からのメール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第129号◆
<「あんたが死ねば良かったのに」~母親に言われた中3の女の子からのメール>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年6月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

梅雨の晴れ間の青空は、すっかり夏色になりました。皆様はいかがお過ごし
でしょうか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではの
トピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは、こちらよりご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆トータルEAPセミナー 「来たる パワハラ法制化に向けて
“事例で学ぶ”パワーハラスメント防止策と対応策」のご案内

 

2019年5月29日、厚生労働省より提出された、パワーハラスメント対策を
企業に義務付ける「改正労働施策総合推進法」が可決されました。
セミナーでは、講師が実際に対応した数多くの事例を基に、
今後企業に求められる対策のポイントを解説します。

○日 時:9月3日(火)13:30~16:00
○対 象:ハラスメント対策ご担当者、等
○講 師:中辻 めぐみ氏
(社会保険労務士法人 中村・中辻事務所 代表社員/株式会社インフィニティ 取締役)
○参加費:1名様3,000円(税込)
○場 所:アルカディア市ヶ谷 私学会館 5階大雪(千代田区九段北)
○申込み締切:8月27日(火)
○主催・お問い合せ:ダイヤル・サービス株式会社 EAPセミナー事務局
(担当:保里) Tel 03-6238-7101

※ダイヤル・サービスでは、従業員の方が安心して相談できる臨床心理士など専門の
電話カウンセラーによる相談窓口、管理職・一般職向けの「ハラスメント研修」
「ハラスメント行為者研修」など、企業のハラスメント対策を包括的に支援する
サービスを提供しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<「あんたが死ねば良かったのに」~母親に言われた中3の女の子からのメール>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「初めまして。よろしくお願いします。どうしたらいいかわからなくなり、
思い切ってメールしました。

4歳の時、母は離婚して、母と2人だけで生きてきました。
小3の時に母が再婚して新しいお父さんを迎え、お父さんは私に本当の親の
ように可愛がってくれ、幸せを味わうことが出来ました。
でも、そのお父さんは、中1の春に突然亡くなりました。
お母さんはうつ病になり、前のお母さんとはまるで違ってしまいました。
何かあれば、すぐに「お父さんじゃなくてあんたが死ねば良かったのに。
お前なんていつでも、殺してやるぞ」と言います。
正直、すっごく寂しいです。4月から高校ですが、推薦入学できそうです。
でもお母さんはお金がない、お金がないって泣いています。
やっぱり、お父さんのいない、貧乏家庭の私は、高校に行かずに働いたほうが
いいのでしょうか。どうしたらお母さんを楽にしてあげられますか。
家事を全部やればいいですか。それとも、私がいなくなればいいですか。
私がいなければ、お母さんはお金を使わなくて済むし、楽になりますよね、きっと」

ダイヤル・サービスの子どもの相談窓口では、自治体や企業から受託した
電話相談やSNS相談のほかに、小学生から高校生本人とその保護者のための
無料メール相談窓口をCSR活動の一環として開設しています。
メール相談の特徴は、どちらかといえば深刻な相談が赤裸々に書かれている
ことが多いのですが、その対応には、必ず、希望の明りが見える言葉を添え
て返信します。

「お母さんは幸せな時間を取り戻せて喜んでいたのに、お父さんの突然の
他界で、心の歯車がかみ合わなくなってしまったんだね。お母さんからの
冷たい言葉を受けながら、こらえて、こらえて、お母さんを支えられるのは、
もがいているお母さんの心情を理解できるあなただからこそと思いましたよ。
寂しい思いをしながらも、将来への望みを抱くあなたに伝えたいことは、
高校進学は十分可能だと言うことです。
お金がないことをお母さんは心配しているようですが「高等学校就学支援金制度」
という国の制度があります。お母さんの収入が少ないか全くない場合は、
生活保護費を受けていても支給されます。併せて、「高校生等奨学給付金」
という、授業料以外の費用を給付する制度等もありますので、お母さんと一緒に、
学校やあなたの住んでいる役所の窓口で教えてもらいましょう。

高校で一生懸命勉強をして、就職の道を進んだら、お金をためて、お母さんのため
に役立てることもできるね。
大学だってお金の援助をしてくれるし、海外留学だって応援してくれる仕組み
もあるよ。夢を広げて前進しましょう。
お母さんを連れて、温泉や観光地にいくプランはどう?
お母さんは、あなたが伸びていく姿を楽しみしているはず。
どんなことでも構わないから、いつでもメール、待っていますよ」

※この事例は特定の相談ではなく、さまざまな事例を再構成しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
■メール配信先変更はこちら
■メール配信停止はこちら
■本メールを転送することに制限はありません。
■本メールへの返信には対応いたしかねます。ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□