第122号:相談を受ける“資格”のある相談員であり続けるために

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第122号◆
<相談を受ける“資格”のある相談員であり続けるために>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年11月26日
メールをご覧いただいている皆様へ

街路樹もすっかり葉を落とし、すぐ近くに冬の気配を感じる頃となりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口をご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーはこちらよりご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第31回CSRセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「認証取得に向けて~内部通報制度は『認証』で差をつける時代~」のご案内
「内部通報制度に関する認証制度検討会」にて検討を進めてこられた座長及び委員である両氏に、認証制度に関する最新情報をお話しいただきます。
○日時:2019年1月21日(月)13:30~16:00
○場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階穂高(千代田区九段北)
○参加費:1名様 3,240円(税込)
○講師:・水尾 順一氏(駿河台大学名誉教授・経営学博士)
「世界が注目する日本の認証制度-申請のポイントと期待される効果-」
・遠藤 輝好氏(遠藤輝好法律事務所 弁護士)
「認証取得への具体的アドバイス」
○申込締切:2019年1月15日(火)
https://www.dsn.co.jp/seminar/details/20190121/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
(担当:山戸、高田)Tel 03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<相談を受ける“資格”のある相談員であり続けるために>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年9月、我が国初の心理職国家資格である公認心理師試験が行われました。
心理職の質の担保等を巡り、受験資格や養成制度について様々な意見が出ています。

長年相談現場で仕事をしていると、相談員は資格や経験があれば良いというものではなく、常に資質の向上と研さんに努め続けなければ、今の時代にはとても対応できないと肌で感じます。社会や生活の状況変化が多く、相談者の抱える困難が、複雑化、深刻化しているからです。

ダイヤル・サービスの「子どもの相談」窓口では、いじめや虐待、子育て、学校生活のあらゆる相談を全般的に扱い、児童福祉や教育の現場でキャリアを積んだ有資格の相談員が対応しています。新しく電話相談の業務に就くにあたっては、入社までに長いキャリアを積んできた者でもロールプレイでの練習を繰り返し、複数の指導係のOKが出るまで、1人では相談に対応させません。
数ヵ月の研修が終わるまで常に指導係がついて、相談を受けるたびにフォローや振り返り、助言をします。指導係のOKが出なければ、研修期間の延長もあります。
多くの現場を経験してきた相談員ほど、この研修の細やかさに驚きます。
しかし、このようなトレーニングを積まなければ、悩みや困りごとを言葉にするのが難しい子どもや、デリケートで複雑な思春期の少年少女たちの“ホントの想い”をきちんと聴き、受けとめ、理解することは難しいのです。
かつ、こちらの言葉を彼らの心に届くように伝えることは、互いに相手の姿が見えない電話相談においては困難を極めます。彼らの想いを取りこぼしたり、伝える言葉がズレてしまうと、相談員がどんなに相手に心を寄せていても、たちまち信頼関係は崩れてしまいます。
「この相談うまくいってるな~」と内心思いながら相談をしていたら、唐突に子どもから電話を切られてあぜんとする…、といったことは、どの新人も洗礼のように経験します。
こうやって反省を繰り返し、指導係に助言をもらいながら、少しずつ電話相談員としての意識を高め、スキルを磨いていきます。

最近の子どもや保護者から寄せられる相談は、より困難で深刻なものが増えています。不登校は増加し、少年による家庭内暴力は過去最高を更新、子どもの貧困、デートDV、SNSトラブルなど、新しい問題が拡がっています。
子どもたちの環境は、弊社が数十年前に「赤ちゃん110番」「子ども110番」をスタートさせた頃よりも息苦しくなっているようです。
しかし、人間やコミュニケーションの本質は変わりません。
私たち相談員は、サービス開始当初の精神を受け継ぎつつ、変化し続ける相談の最前線で試行錯誤、切磋琢磨し、時に労わり合いながら奮闘しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内部通報制度の外部窓口職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆好評ご提供中◆
社内通報・相談窓口を強化する「ダイレクトメッセンジャー」
資料ご請求はこちらへ ↓

 

 

 

 

 

 

 

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部
〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
■メール配信先変更・停止はこちら
■本メールを転送することに制限はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□