第118号:<内部通報における「通報者探し」というリスク>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第118号◆
<内部通報における「通報者探し」というリスク>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年7月25日
メールをご覧いただいている皆様へ

連日厳しい暑さが続いています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://secure-link.jp/lc/cegeebzmzlk/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆西日本豪雨被災者のための相談窓口開設のご案内

西日本豪雨により被災された皆様に弊社社員一同、心よりお見舞い申し上げます。
このたび、ダイヤル・サービスおよび関係団体では、下記の通り
無料相談窓口を開設いたしました。
被災者ご本人やそのご家族の方々にご利用いただければ幸いです。

○無料電話相談窓口「西日本豪雨 からだとこころのホットライン」
運営:ダイヤル・サービス株式会社
内容:専門資格を有した電話相談員による健康相談、食生活相談、メンタルヘルス相談
開設時間:月曜日~金曜日の毎日 10:00~16:00 (8月20日まで)
電話番号:0120-797-794
https://www.dsn.co.jp/press/details/20180720/

○「SNS西日本豪雨の心のケア」
運営:一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会
内容:専門のカウンセラーによる「LINE」を活用したメンタルケア相談
https://www.dsn.co.jp/press/details/20180720-2/
https://www.dsn.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/SNS_Mental201807.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2018年公開研修“「聴く」ための基本スキル(初級)研修”のご案内

毎年大好評の当研修。初めて社内窓口の相談担当者になる方はもちろん、
ステップアップを目指すご担当者様もぜひご参加ください。
https://secure-link.jp/lc/cegeeczmzkj/

○日時:10月2日(火)13:30~17:00
○場所:株式会社村田製作所 会議室(京都府長岡京市)
https://www.murata.com/ja-jp/about/company/muratalocations/japan/headoffice/overview
○内容:1.担当者の心構え 2.聴き方の説明とロールプレイング
3.事例を用いたロールプレイング
○対象:社内窓口担当者として基本を身に付けたい方、学び直したい方、
初めて窓口担当となる方、等
○講師:弊社電話相談員
○参加費:1名様 3,240円(税込)
○申込み締切:9月27日(木)
https://secure-link.jp/lc/cegeeczmzkj/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
(担当:山戸・高田) Tel 03-6238-7101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ダイヤル・サービスのホームページ・新コンテンツご案内

○シリーズ「内部通報制度」
内部通報制度の外部窓口運営15年を機に、これからの内部通報制度に必要な備え、
知恵などについて、ご活躍中の弁護士の方々を中心にコラムを執筆いただきます。
ぜひ、ご覧ください。

「内部通報制度と司法取引制度」~日本版司法取引開始! 企業の対応は?!
https://secure-link.jp/lc/cegeedzmzne/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<内部通報における「通報者探し」というリスク>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社にコンプライアンスに関する内部通報があった場合、その内容が重要ですが、
同時に誰が通報したのかも気になるのではないでしょうか。

例えば、会社から「通報が入った」という連絡を受けた、ある部長が、社員食堂
で食事しながら「誰が通報したんだ…」と、無意識のうちにつぶやきました。
それを、後ろの席で食事していた人に聞かれてしまいました。
聞いた人は、部長が通報者探しをしていると受け取ったかもしれません。
さらに、その人が「誰かが内部通報したらしい」と周囲にふれ回れば、通報者探し
が自然に始まることにもなりかねません。
内部通報では、通報者の保護が最優先されるので、匿名希望の通報者を探すことは
できません。この部長のつぶやきは、大変にリスキーだと言えます。

通報窓口担当者も気を付けなければいけません。
例えば、通報者は名前を明かしたが、話の中で「こう感じているのは私だけでは
ないんです。皆で話し合って、誰かが通報しなければ何も変わらないから、私が
代表して通報しました」と言った場合はどうでしょうか。
こう言われると、「ああ、あなただけじゃないんですね。同じ意見なのは誰と誰
でしょう」と質問したくなりませんか。
通報者は名前を明かしていますが、その他の人は名前を伏せたい可能性があります。
その場合、この質問は通報者探しになってしまいます。
また、通報者の話から、以前にあった匿名通報の内容を思い出して、
「もしかして、前にも通報しましたか?」と、つい聞いてしまうかもしれません。
通報者自身がそう言っていないのに過去の通報案件と関連付けて質問することは、
通報者探しと受け取られかねません。

実際、ダイヤル・サービスの通報窓口には、通報者から「通報者探しをされた」
「通報者が誰かわかってしまった」「通報者探しをされたという話を聞いた」
「『通報したら誰が通報したかすぐにわかる』と、言われた」等の声が入ります。
通報者による思い違いの場合もあるかもしれませんが、それでも、‘会社が
通報者探しをしている’といった悪い評判が立つことは大きなリスクになります。

「通報者探し」をしていると従業員に疑われないようにするために、匿名通報へ
どう対応するか、ということは簡単ではありません。
対応中に、誰が通報者か分かってしまった場合でも、知らない振りをしなければ、
通報者探しをされたと思われるリスクがあります。
通報者には、もともと通報した後どうなるのかという不安や心配があり、
疑心暗鬼になっています。そして、その不安や心配は、伝染しやすいものです。
だからこそ「会社は『通報者探し』をしない」と信頼してもらえることが最も肝要
です。その信頼感こそが、会社にとって大事な通報を得るための礎になると私たち
は考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
外部相談窓口についてのお問い合わせは、
ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
https://secure-link.jp/lc/cegeeezmzww/

■ダイヤル・サービスの情報はこちら
https://secure-link.jp/lc/cegeefzmzoy/

■メール配信先変更・停止はこちら
https://secure-link.jp/lc/cegeegzmzod/

■本メールを転送することに制限はありません。