第117号:<SNS相談より~卒業証書を破いてしまいました>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ホットライン通信第117号◆
<卒業証書を破いてしまいました~「子ども110番・ホッと安心LINE」より~>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                         2018年6月25日
メールをご覧いただいている皆様へ
紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
このメールは、主としてダイヤル・サービス株式会社の通報・相談窓口を
ご契約いただいている企業のご担当者様、お名刺交換させていただいた方、
セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。
企業の持続的な発展や価値を高めるCSR活動に役立つ弊社ならではのトピ
ックス情報や、通報・相談窓口からのホットな情報をお知らせいたします。
ホットライン通信のバックナンバーは以下よりご覧ください。
https://secure-link.jp/lc/cdbebbzmzgh/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆ホットライン通信からのお知らせ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2018年公開研修“「聴く」ための基本スキル(初級)研修”のご案内

毎年大好評の当研修。初めて社内窓口の相談担当者になる方はもちろん、
ステップアップを目指すご担当者様もぜひご参加ください。
○日時:7月25日(水)13:30~17:00
○場所:ダイヤル・サービス株式会社 会議室(千代田区三番町)
    https://secure-link.jp/lc/cdbebczmzur/
○内容:1.担当者の心構え 2.聴き方の説明とロールプレイング
    3.事例を用いたロールプレイング
○対象:社内窓口担当者として基本を身に付けたい方、学び直したい方、
    初めて窓口担当となる方、等
○講師:弊社電話相談員
○参加費:1名様 3,240円(税込)               
○申込み締切:7月20日(金)
  https://secure-link.jp/lc/cdbebdzmziv/
○主催・お問い合わせ:ダイヤル・サービス株式会社 CSRセミナー事務局
           (担当:山戸・笠原) Tel 03-6238-7101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆電話カウンセラーから◆◇
<卒業証書を破いてしまいました~「子ども110番・ホッと安心LINE」より~>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「中学を卒業しましたが、この3年間、いいことは何もありませんでした。
リストカットもしたし、学校に行かない日の方が多かったです。
友達もいないし、修学旅行も行かなかったし、思い出は何もありません。
卒業式の日に卒業証書をもらいましたが、ダメな自分に胸が苦しくなってきて、
家に帰って、卒業証書を破いてしまいました。
お母さんは、飛んできて、泣きながら、破いた卒業証書を張り合わせていました。
その姿が頭から離れなくなって、苦しくてたまりません。
お父さんには、事情があって相談できません。どうしたらいいか教えて下さい。
お願いします」

SNS相談は、短いやり取りを重ねて、少しずつ悩みの姿が見えてくるのですが、
高1の彼女は、真剣な思いを丁寧な文章に整えて送信してきました。
昨年から、ダイヤル・サービス(株)では、中高生たちの悩みをSNSで受け止める
「子ども110番・ホッと安心LINE」をスタート。
多くの子どもたちが、せきを切ったように送信してきます。
友達口調の恋バナもあれば、冒頭、たった1行「死にたい、消えたい」という
文字から始まり、新たな悩みを次々繰り出して“もっと、つながっていたい”
と連日のように送信してくる中高生たちもいます。

SNS相談は、まず、文字に込められた思いを読み解くところから始まります。
即応していく電話相談との違いは、少し間をとり、待機している相談員たちが
意見を出し合いながら、丁寧に言葉づくりをして返信できるところ。
卒業証書を破いた彼女の思いは、悲しませたお母さんにわびることが
できなかった後悔のように読み取れます。
時間を経てしまった今、仮に、母親に謝ることができたとしても、彼女には、
これからどう生きようとするか、自分を立て直せるかという課題があるはず。
今の悩みの先に小さな踏み石を置けば、彼女が気持ちを鎮め、少しずつ歩み、
彼女自身の立ち直る時間にもなる、そうした着地点も想定しながら返信して
いきます。

彼女は正直な気持ちを伝えてきました。
今まで、お母さんに無視した態度をとっていたこと、でも、泣いているお母さん
を見て、すごくいけないことをしてしまった気持ちであること…。
時間がたってしまった今、どうにもこうにも謝るような空気、きっかけがない、
と言うのです。
こうした場合の秘策を伝えます。
償いのつもりで、黙って、家のお手伝いをする。洗濯、風呂掃除、買い物など
グイグイやること。そして、手伝い記録をカレンダーに書き込むこと。
これを地道にやれば、あなたは、ダメじゃない自分に気づき、前向きな時間を
取り戻せる、と熱く書き込んで送信しました。

※この事例は特定の相談ではなく、様々な事例を再構成しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  内部通報制度の外部窓口、職場のセクハラ・パワハラ・人間関係などの
  外部相談窓口についてのお問い合わせは、
  ダイヤル・サービス株式会社営業部までご連絡ください。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤル・サービス株式会社
ホットライン通信編集部

〒102-8018
東京都千代田区三番町6-2  三番町弥生館4階
Tel 03-6238-7101  Fax 03-6238-7102

■法人向け通報・相談サービスの情報はこちら
https://secure-link.jp/lc/cdbebezmzfg/
■ダイヤル・サービスの情報はこちら
https://secure-link.jp/lc/bhgigfzllzve/
■メール配信先変更・停止はこちら
https://secure-link.jp/lc/cdbebfzmzrj/
■本メールを転送することに制限はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━