体脂肪を家庭で測りたい

 

身長と体重のバランスはよいと思っていたのですが、健康診断で体脂肪が多いと言われました。毎日自分で測りたいので、体脂肪計の種類や測り方を教えてください。

 


 

 

 

簡単に測れる体脂肪計は、家庭でも一般的な器具となりましたね。体脂肪の測定にはいくつかの方法があります。

 

 

これらの方法は、それぞれ大きな設備が必要だったり、測定するのに苦痛が伴ったりするため、一般家庭では「生体インピーダンス法」が普及しました。これは体に微弱な電流を流し測定する方法です。脂肪はほとんど電気を通さないという性質を利用し、電気抵抗値(インピーダンス)から体脂肪の割合が計算されます。

 

体脂肪計は体重計のように素足で上に乗るタイプと、両手でグリップを握るタイプ、その両方を組み合わせた両手両足のタイプがあります。両手タイプは服を着たまま測定できて気軽です。両足タイプでは体重も同時に測れます。両手両足タイプは両手足から電流を流すため、より正確に測定できるともいわれています。

 

選ぶ際は測定状況や対象者に応じて選択しましょう。測定時に直立姿勢を数秒間保つことが難しい場合は、両手タイプが適しています。手に障害があるなどしっかりと握れない場合には両足タイプが適しています。

 

生体インピーダンス法は、体の水分量が変化すると体脂肪率も変動しやすい測定方法です。そのため測定前には体内の水分量が変化する飲食、運動、入浴は避け、同じ時間、同じ状態で測定する必要があります。家庭で健康管理ができるように、毎日使いやすい体脂肪計が見つかるとよいですね。