ホットケーキでカフェ気分を♪

 

外出を控え、カフェに行く機会が減ってしまいました。ホットケーキミックスを使って、おうちカフェ気分を味わえるアレンジ方法を教えてください。

 


 

 

 

ホットケーキミックスは手軽なうえに、応用が利く便利なアイテムですね。サイドメニューと一緒に楽しめるパンの代わりに、和洋菓子のように楽しむなど、その日の気分にあわせてアレンジできます。

 

パンの代わりになるアレンジでは、ピザ用チーズとドライパセリを使います。通常どおり作った生地に、お好みの分量のチーズとドライパセリを混ぜるだけです(目安は粉200gに対してピザ用チーズ1カップ、ドライパセリ大さじ1杯です)。焼き方もいつもと同じです。盛り付けの際、スクランブルエッグとハム、ウインナーやベーコンとサラダを付け合せると、ちょっとした食事になります。休日のブランチにも。

 

洋菓子のアレンジとしてはバナナを使います。いつものように作ったホットケーキ生地をフライパンに入れたら、その上に5mmの厚さで輪切りにしたバナナをまんべんなく並べます。生地の表面の気泡が割れ始めたら裏返し、火が通れば出来上がりです。器に盛り、シナモンパウダーやお好みのシロップをかけ、ミントの葉を飾るとよりカフェ気分になります。

 

和菓子のアレンジでは、黒豆の煮豆を使います。ホットケーキの生地を作る際に、牛乳ではなく豆乳を使用します。豆乳の分量は、牛乳の場合と同量で大丈夫です。あとは生地にお好みの分量の黒豆を混ぜて、焼くだけです(目安は粉200gに対して黒豆1カップです)。食べる時にきな粉や黒蜜をかけるのもよいでしょう。

 

和洋どちらのアレンジにもアイスクリームやホイップクリーム、フルーツなどを添えるとさらに気分が上がります。

 

市販のホットケーキミックスも多様化しています。甘さ控えめの粉、雑穀の混ざった粉、米粉のホットケーキミックスなども目にします。甘さ控えめの粉ならパンのように食べることができます。また、雑穀の混ざった粉なら、和菓子のようなアレンジと相性がよいです。オリジナルの組み合わせでさらにレパートリーを増やし、おうちカフェを楽しんでくださいね。