暑い時期の安全なお弁当作り

 

 

お弁当を作る機会が増えましが、暑い時期ので食中毒を起こさないか心配です。安全なお弁当作りのポイントを教えてください。

 


 

 

 

気温や湿度が高くなると、食品の腐敗や食中毒の原因になる細菌の増殖が活発になります。この時期にお弁当を作るのは、時間を置いて食べるだけに心配になりますね。安全なお弁当作りのポイントを心がけて、細心の注意を払うようにしましょう。

 

<安全なお弁当作りのポイント>

① 中まで火を通し、よく冷ましてから詰める

おかずは、中心部までしっかりと加熱することが大切です。前日の残り物などを利用する場合も、中まで完全に温め直すようにします。電子レンジでの再加熱は加熱ムラができることがあるので、途中で混ぜましょう。いずれの場合もお弁当に詰める前にしっかり冷ましておきます。時間がない時は、扇風機やドライヤーの冷風などを利用するとよいです。

 

② 汁気を少なく、濃いめの味つけをする

温度が高く水気が多い所は、菌にとっては絶好の環境です。揚げ物や焼き物など、水分が少ないおかずがお勧めです。

生野菜や果物は汁気が出て傷みやすいので、別の容器に入れるとよいですね。出番の多いミニトマトは洗う前にへたを取り、水分をぺーパータオルなどでふき取ってから詰めましょう。また、濃いめの味付けにすると保存性が高まります。

 

③ 酢や梅干しを利用する

酢や梅干しは殺菌作用があります。おかずの味付けに少量の酢を使ったり、梅干しをまんべんなく散らしたごはんや梅しそで和えたごはんがお勧めです。

 

④ おかずを種類別に仕切って詰める

おかずの味や臭い移りを防ぐために、カップを利用しましょう。シリコン製のカップは念入りに洗い、しっかりと乾燥させてから盛りつけます。使い捨てのカップも衛生面の心配が減り便利です。

 

⑤ 詰める時は清潔な箸やポリ手袋を使う

狭い所に詰めるのにどうしても手を使いたくなりますが、手には雑菌がたくさんついています。直接手が触れないようにします。また、キャラ弁など細かい作業を行う際は、ピンセットを使うようにしましょう。

 

⑥ 保冷剤、保冷バッグを利用する

持ち運び時の温度上昇を抑え、傷みにくくなります。冷気は上から下に流れるので、保冷材は弁当箱の上に置くと効果的です。最近は保冷剤がセットになったお弁当箱もあります。