油はとらない方がいいの?

 

娘が「油はとらない方がいいのよ」と言って、できるだけ揚げ物など油を使った料理を食べないようにしています。油を摂らない方が、健康でいられるのでしょうか。

 


 

 

 

痩せたいという気持ちや生活習慣病予防などの理由から、油の摂取を減らす努力をしている方は多いですね。確かに油脂類のとりすぎは、エネルギー過多につながり、肥満やさまざまな生活習慣病を引き起こしやすくなります。しかし、脂質は重要な栄養素のひとつで、適量を摂取することが大切です。

 

脂質の中には「必須脂肪酸」といって、体内で合成できない、あるいは合成できても必要量に満たないものがあります。それは、リノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸の3つです。リノール酸はサフラワー油やぶどう油(グレープシードオイル)、α-リノレン酸はあまに油やえごま油、アラキドン酸は豚レバーや卵黄などに含まれます。これらは血中の中性脂肪や血中コレステロールを減らしたり、健康な皮膚を保つなどに役立ちます。最近では、このような健康効果を表示した特定保健用食品(トクホ)の油も販売されています。

 

脂質に溶けやすいビタミンA、D、E、Kを油と一緒に調理、摂取すると、その吸収率が高まります。さらに、脂質はご飯などの炭水化物に比べて消化に時間がかかるので、食後の急激な血糖値の上昇が抑えられ、腹持ちがよいので、間食を控えるのに役立ちます。

 

むやみに油を避けるのではなく、適量を摂取しながら、同時に代謝を助けるビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な野菜類を積極的に取り入れ、上手に油を摂取するよう心がけましょう。