おいしいご飯を炊くコツ

 

新米が出回る時期になりました。よりおいしくご飯を炊くコツがあれば教えてください。


 

 

おいしいご飯を炊くコツは3つあります。それは「洗米」「浸水時間」「ほぐし」です。

 

 

 

ポイント1  洗米 【手早く洗う】

お米は最初の水をよく吸水します。のんびりしているとぬかが混ざった水を吸って、ぬか臭いご飯になってしまいます。できるだけ手早くかき混ぜて水を捨てましょう。また、浄水器があれば洗う時から浄水を使った方が効果的です。

 

 

ポイント2  浸水時間   【夏は30分、冬は1時間がベスト】

炊飯前にお米の芯まで十分に浸水させておきます。吸水が足りないと熱が加わってもお米のでん粉が柔らかくならないために、ふっくらと炊きあがりません。また、水を吸いすぎたお米はべったりとした水っぽいご飯になります。水温や気温が高いほど吸水しやすいので、浸水時間の調節も大切です。夏は30分、冬は1時間、春と秋はその中間くらいに。

 

 

ポイント3  ほぐし 【炊きあがったら混ぜて余分な水分を飛ばす】

炊きあがったらできるだけ手早く底から混ぜ、余分な蒸気を飛ばします。その後、再びふたをしてしっかり蒸らします。混ぜる時はしゃもじをぬらし、ご飯粒をつぶさないように切るように混ぜるのもおいしくするコツです。すぐに食べずに保温する場合も、そのままでは「釜返り」と呼ばれるお米がくっつく現象が起きてしまいます。これでは味が落ちますので、しっかりほぐしておきましょう。

 

 

日本全国さまざまな銘柄のお米が出ています。おいしく炊いて食べ比べてみるのも楽しいですね。