なぜおいしい?「お茶」の水出し

 

お茶を水出しにすると色も味も変わらず、おいしいのはなぜですか。

 


 

 

 

お茶が変色するのは、お茶に含まれるカテキンによるものです。抽出した後に空気に触れると、時間の経過とともに酸化が進み、色が悪くなります。また、茶葉に高温のお湯を注ぐと苦みが出ます。カテキンは80℃以上の湯に溶け出す性質があります。そのため水出しにすると、苦みがなく、きれいな色が保てるのです。

 

一方、お茶のうまみ成分であるテアニンは低温でも抽出される性質があるため、水出しでもうまみが味わえます。しかし、苦みの成分であるカテキンは溶け出しにくいため、コクがあり、おいしく、すっきりとしたお茶になるのです。

 

冷蔵庫に入れたり、氷を入れたりすると、より苦みを抑えてうまみを引き出せます。

鮮やかな緑色は、暑さをやわらげ涼を感じさせてくれますね!