水分補給のポイントは?

 

夏の暑い時、熱中症を予防するには水分補給が大事だと聞きます。水分のとり方のポイントを教えてください。

 

 


 

 

 

私たち人間の体の60%は水分でできています。そのため水分補給は欠かせません。水分が不足すると脱水症状や熱中症などの健康障害を引き起こすことがあります。これらを予防するには、こまめな水分補給が必要です。

 

のどが渇くと水を飲みたくなりますね。しかし、のどが渇いた時にはすでに脱水が始まっています。そのため、のどの渇きを感じる前に水分補給することが大切です。多くの方は水分の摂取量が不足傾向だといわれています。平均的に「水をコップ2杯」多く飲めば、1日に必要な水の量をほぼ確保できます。特に水分が不足しがちな起床時や入浴後などには水を飲む習慣をつけるとよいです。

 

日頃から「水分補給は、早めに、こまめに」を合言葉に適度な補給を心がけましょう。

 

 

 

 

・水分が不足すると

体の水分を5%失うと脱水症状や熱中症などの症状が現れます。また、高齢者は汗をかいて水分が足りなくなっても、のどが渇くなどの自覚症状がない場合があり注意が必要です。

 

・運動中の水分補給のポイント

運動などで多くの汗をかく場合は、イオン飲料など適度な塩分と糖分を含んだ飲み物を飲むようにしましょう。