お菓子だけじゃない!上新粉の使いみち

 

 

家に余った上新粉があります。ずっとしまっていたのですが、お菓子にするには量が少なくて困っています。お菓子以外に使いみちはありますか?

 


 

 

 

 

上新粉はうるち米を水に浸して軟らかくしたあと、乾燥して粉末にしたものです。主に和菓子作りに使われますが、小麦粉と同じようにお菓子作りや料理に幅広く利用することができます。上新粉は小麦粉より粒子が細かいので、ふるいにかける手間もなく、小麦粉の粘り成分であるたんぱく質の「グルテン」が含まれていないため、混ぜすぎて粘りが出て失敗することもありません。小麦アレルギーの子どもに小麦粉の代用品として利用するのもよいでしょう。ぜひ、お試しください。

 

 

 

■上新粉の利用例

 

【揚げ物、ムニエルなど】

・天ぷら: 小麦粉と上新粉では食感に違いはありますが、薄衣でサクッとおいしく仕上がります。
・ムニエル: 余分な粉をはたく必要もなく、薄くきれいな衣に仕上がります。油の吸収も少なくヘルシーです。

 

【シチュー、グラタン、カレーのとろみづけ】

小麦粉のようにバターで粉を炒める必要はなく、ダマになる心配もありません。
上新粉の分量はレシピの小麦粉と同量となります。
材料をスープで煮込み、最後の仕上げに牛乳やスープなどで溶いた上新粉を混ぜて加熱します。とても簡単にまろやかな、とろみがつきます。