焼き魚でアレルギー?

 

 

お店で焼き魚定食を食べた後、アレルギーのような症状が出ました。食物アレルギーだと思い病院に行ったところ、「アレルギー様食中毒」と言われました。これは食物アレルギーではないのでしょうか。何に気を付けたらよいですか。

 


 

 

 

アレルギー様食中毒とは、ヒスタミンを大量に含む食品を食べることにより、短時間で顔面が赤くなったり、発疹や頭痛、じんましんなどアレルギーのような症状を起こす食中毒のことです。重症の場合、呼吸困難になることもあるので注意が必要です。

 

ヒスタミンを多く含む食品は、マグロ、サンマ、サバ、イワシなどの赤身魚とその加工品です。これらの赤身魚は筋肉中にヒスチジン※1という物質を多く含んでいます。ヒスタミンは、ヒスチジン脱炭酸酵素をもつ細菌の作用により、ヒスチジンから生成されます。

 

しかし、ヒスタミンが増えた状態でも、魚の見た目に変化や腐敗臭はないため、気付かずに食べてしまい、食中毒を起こすことが多いようです。また、一度生成されたヒスタミンは熱に強く、加熱調理しても食中毒を防ぐことはできません。このため、アレルギー様食中毒の予防には、新鮮な魚を購入し、速やかに冷蔵または冷凍保存し、ヒスタミンを生成させないことが大切です。

 

一方、食物アレルギーは体質や体調により免疫機能が過剰に反応して、体内でヒスタミンなどを大量に放出することによって起こります。

 

どちらも似たような症状を発症しますので、アレルギーのような症状が出た場合には、自己判断しないで専門医に受診することをお勧めします。

 

※1 ヒスチジンとは、特に子どもの成長に必要なアミノ酸で、ヒスタミンという神経伝達物質の材料となる栄養素です。