あさり・しじみは冷凍できる?

 

 

潮干狩りで、あさりがたくさんとれました。食べきれないので冷凍しておきたいのですが、貝類は冷凍保存できますか。

 


 

 

 

 

 

新鮮なあさりは、塩水(海水と同じ3%程度)に一晩浸して砂抜きし、水を切って冷蔵庫に入れておけば2~3日は保存できます。

 

短期間で食べきれないときや殻付きのまま長期間保存したいときは、新鮮なうちに冷凍する方法がお勧めです。

 

あさりに限らず、しじみ、はまぐりなどの貝も冷凍保存できます。貝類は冷凍すると死んでしまいますが、鮮度がよいうちに冷凍したものは、“生きていても弱ってしまったもの”よりおいしいといわれています。また、冷凍すると組織が壊れて、うま味成分が表面に出てくるためにおいしく感じられるという研究データもあるようです。

 

冷凍保存するときは、砂抜きして水をよく切り、ビニール袋などに平らに入れておきましょう。殻が半開きになっていて、触っても閉じない貝は、死んで傷んでいるので取り除いてください。使うときは、解凍しないで凍ったまま加熱調理します。

 

【死んだ貝は加熱しても開かない?】

 

よく「死んだ貝は加熱調理しても開かない」と言いますが、これは間違い!

 

殻が開いたり開かなかったりするのは、ふたつの殻をつなぎとめている蝶番(ちょうつがい)と貝柱の丈夫さによります。蝶番には殻を開かせようとする性質がありますが、それより強い力で貝柱が殻をつなぎとめているので、通常は殻が閉じています。これを加熱すると貝柱が殻または身から離れ、殻が開きます。けれども、蝶番が弱っていたり壊れていたり、貝柱が非常に丈夫だったりするものは、生死に関係なく加熱しても開かないのです。