箸(はし)のマナー・基本のキ

 

 

懐石料理に招待されたのですが、箸のマナーを知らないので不安です。これだけは知っておくべきという箸のマナーを教えてください。

 


 

 

 

毎日使っているものだけに気が張る席でも、何気なく普段の習慣が出てしまうのではないかと緊張しますね。日本食では箸のマナーがたくさんあり、大切にされています。一般的なマナーを知っていると安心ですので紹介します。

 

 

●箸の持ち方・置き方
・箸を取り上げるとき
まず右手で箸の上側を取り上げ、左手を下側から添えて、右手を持ち替えます(図A)。
・途中で箸を置くとき
箸置きに箸先をかけてまっすぐに横に置きます。箸置きがないときは、箸袋を折りたたんで使います(図B)。器の上に箸を渡して置くのは禁物です。
・器と箸を一緒に持つとき
左手で器を持ち、右手で箸を取り上げ、箸を左手の中指と薬指に挟んで支え、右手を持ち替えます(図C)。
・食べ終わったとき
そのまま箸置きに置いてよいですが、箸先の汚れが気になるときは、箸袋の中ほどまで入れたり、箸置き代わりの袋に挟んだりしてもかまいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●不作法とされる食べるときの箸使い
・まよい箸
どれを食べようか迷って、箸を回したりする。
・ねぶり箸
箸の先をなめる。
・うつり箸
ひと箸付けては、その品を食べずに、次々と別の料理に移っていく。
・さぐり箸
大皿に盛った料理の中から好きなものだけを探って食べる。