節分の行事食は「恵方巻き」?

 

 

 

節分には豆まきだけで伝統的な行事食はないと思っていました。最近では恵方巻きがすっかり定着したように感じられますが、具材とか決まりごとがあるのでしょうか。

 


 

 

「節分」は本来季節の変わり目を意味し、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日を指していました。現在では立春の前日(2月3日頃)の行事だけが残っています。立春が特に大切にされたのは、昔の生活では、厳しく長い冬の寒さに耐えて迎える春の喜びが格別なものだったからでしょうね。

 

節分の日は、焼いたイワシの頭をヒイラギの枝に刺して門口に飾る風習があります。イワシの匂いとヒイラギのトゲで鬼が退散するという言い伝えで、塩イワシを焼いて食べます。

 

節分の夜は、一般に「鬼打ち」「豆まき」が行なわれます。豆をまき終わったら、福を逃がさないように戸を閉めます。「年取り豆」と呼ばれ、自分の年齢と同じ数の豆を食べると“まめ”に暮らせるといわれてきました。

 

大阪を中心とした関西地方では、いつの頃からか節分の日に歳徳神のいる方向である恵方に向かって「巻き寿司」を丸ごと食べるようになりました。

 

やがて「巻き寿司」が「恵方巻き」として全国のコンビニやスーパーで販売されて浸透し、家庭に定着しました。さまざまなメディアで取り上げるようになったことも一因でしょう。具材についても厳格な決まりはなく、七福神にちなみ7種類の具材を使っているものが多いようです。

 

恵方巻きは黙々と食べると願いごとが、かなうとされています。丸かじりするときは、恵方の向きを間違えないで、願いごとをかなえてくださいね。