なるほど!お菓子の名前の由来

 

洋菓子をよく作るのですが、それぞれの名前にはいろいろな由来があると聞きました。興味があるので教えてください。

 

 


 

 

 

洋菓子の名前は人名や地名、形などからつけられている場合が多いのですが、ここではよく知られているお菓子について、そのいわれの一部をご紹介します。洋菓子作りの楽しみにお役立てください。

 

【パウンドケーキ(英)pound cake】

バターケーキの一種。パウンドケーキ型で焼き上げる。材料に使う小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンドずつ(同量)配合して作ったことからこの名がある。現在では必ずしも同量ではない。

 

【マドレーヌ(仏)madeleine】

フランスのバターケーキの一種。貝殻型(マドレーヌ型)を使うことが多い。名前の由来については諸説ある。フランスロレーヌ地方ムーズ県コメルシーの町の料理人マドレーヌ・ポーミエが新しいデザートを創作し、マドレーヌ・ド・コメルシーと名づけ、後にコメルシーの銘菓となった説が有名。

 

【フィナンシェ(仏)financier】

粉末アーモンド、バター、卵白、砂糖を使った長方形(金塊に見立てる)の型に流しいれて焼き上げた菓子。フィナンシェには「財界人、資本家、金持ち」という意味がある。

 

【タルトタタン(仏)tarte tatin】

フランス菓子のリンゴのタルト。タルト姉妹のタタン(タルト・デ・ドゥモアゼル・タタン)ともいう。20世紀初め頃にソローニュ地方で小さなホテルを営むタタン老姉妹が、客に出すリンゴのタルトを作っていると、オーブンから出すときに誤って器をひっくり返してしまう。リンゴと生地が逆のまま焼いたところ、表面がカラメル状になり、リンゴの香味がおいしいと評判になったという挿話がある。また、古くから存在した菓子とする説もある。

 

【バウムクーヘン(独)baumkuchen】

年輪模様の菓子。バウムとは「樹木」、クーヘンは「ケーキ」の意味で、切り口が木の年輪のように見えることからこの名がある。

 

【シフォンケーキ(英)chiffon cake】

絹のようにきめが細かく柔らかく、口当たりのよいケーキの総称で、英語の「薄い絹織」を意味するシフォンの名がある。

 

【シュークリーム(仏)chou á・la créme】

仏英折衷の和製英語。フランス語のシュー・アラ・クレームが正式名称。英語ではクリームパフという。焼いて膨らませたシューに甘いクリームを詰めたフランス菓子。シューとは「キャベツ」の意味。焼き上がった形がキャベツのように見えることからこの名がある。

 

【エクレア(仏)éclair】

フランスで発祥したシュー菓子の一種。ドイツ語ではブリッツクーヘン、フランス語ではエクレールと呼ばれ、いずれも「稲妻」の意味がある。名前の由来にはクリームが脇からはみ出しやしやすいので稲妻のように素早く食べること、チョコレート、フォンダン(上にかける砂糖衣)が光って見えること、表面の割れ目が稲妻のように見えることなど諸説ある。

 

【ミルフイユ(仏)mille-feuille】

3枚のフイユタージュ(パイ生地)にカスタードクリームをはさみ、上にパウダーシュガーやフォンダンをかけたパイ菓子。ミルは「千の、数多くの」、フイユは「葉、紙」の合成語。