りんごの皮がベタベタするのはなぜ?

 

 

スーパーで買ってきたりんごの皮がベタベタしています。ベタベタするのは、りんごの糖分が染み出したものとか、ワックスだとか聞いたことがあります。食べても大丈夫ですか。


 

 

 

いろいろな情報を耳にすると、不安になることもありますね。りんごの皮がベタベタするのは、糖分やワックスではなく、りんごの表皮から出るろう物質(果粉)によるものです。このろう物質のおかげで、果実中の水分が蒸発せずに守られ、みずみずしさを保つことができます。

 

りんごは熟してくるとリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が増加します。この不飽和脂肪酸が果皮の天然のろう物質を溶かして、りんごの表面がベタベタとします。この現象は「油あがり」と呼ばれ、ジョナゴールドや紅玉、つがる、千秋、ゴールデンなどにはよく見られますが、ふじ、王林ではあまり見られません。

 

 

りんごのベタベタは、植物自体の生理現象で、熟して食べごろになったサインです。このおいしいタイミングで味わってみてはいかがでしょうか。