「白だし」ってどう使うの?

 

 

 

スーパーの調味料売場に「白だし」が並んでいました。めんつゆと同じようなものでしょうか。使い方を教えてください。

 

 


 

 

 

 

白だしは、濃縮タイプのめんつゆと同じように料理によって希釈して使用します。メーカーによって多少の違いがありますが、淡口しょうゆや白しょうゆを主体とし、かつお節、さば節、昆布、椎茸などのだしを合わせ、さらに塩、砂糖、みりんなどが加えてあります。めんつゆと違い、さっぱりした味が特徴です。

白だしは、調味料として煮物、吸い物、うどん、炊き込みご飯などに幅広く使えます。

色が薄いので、素材の色がそのままきれいに出せます。

 

【卵料理】

だし巻き卵、茶碗蒸し、かきたま汁は、卵の色が鮮やかに仕上がります。

【野菜の煮物】

里芋、れんこん、かぶ、大根、ふき、たけのこなど、野菜の色が引き立つ煮物になります。

【漬物】

きゅうり、キャベツ、なす、白菜などを食べやすい大きさに切り、白だしで和えます。

【とろろご飯】

山芋をすりおろし、白だしを加えてよく混ぜ合わせます。

【天ぷら】

天ぷらの衣に白だしで味付けをして揚げます。そのまま食べられるのでお弁当に便利です。

【あんかけ】

甘酢や揚げだし豆腐のあんに。色の薄いあんに仕上がります。

 

味付けの目安は、商品によって異なります。素材の色を生かしながら、味が濃くなりすぎないようにしましょう。

手軽な調味料で料理の幅が広がるのは、うれしいですね。