復職支援の難しさ

メンタルヘルス不調による休職後の復職者への対応が企業の課題となっていることから、厚生労働省では復職支援の手引きを提示しています(※1)。 多くの企業では既に休職後の職場復帰までのプロセスをある程度マニュアル化していることでしょう。 とはいえ、職場復帰のプロセスを踏むために復職者が感じる負担は、業務内容、適性、疾病、回復度合い等、様々な要因によって違います。 周囲のサポートはその様々な要因の違いに添って行われることが理想ですが、職場で通常業務を行う中では難しいのが現状です。

 

そのため、復職者本人は、自分の気持ちや体調を自覚し、適切に自分を表現すること、また、体調維持のために必要なセルフコントロールを行うことが大切です。そして周囲は本人のペースを尊重できる環境を作り、支援していくことが重要でしょう。
復職者本人が自分を表現しセルフコントロールできるようになるためには、リワーク(うつ病復職支援)施設を利用するのもお勧めです。リワーク施設は、毎日専門家の元で支援を得られ、休職中の仲間と関わりながら必要な気づきを得られるため大変有効です。ただ、通える範囲に適切な施設がないなど、利用が難しい場合もあるため、現状では、休職中は自宅で休養し、リハビリ出勤から復帰に至る方が多いかもしれません。

 

人事担当者や産業保健スタッフは、復職者本人や職場で復職者に関わる方々から困っていることや希望を聞き取り、職場の環境調整を行うと同時に、会社としてできることの限界を両者に示していくことも必要です。 時には復職者のご家族や主治医も含め、多くの立場からの視点を集めて、本人とその職場に合わせてカスタマイズした支援をすることが必要となることもあります。その際、社内の人には話しづらいこともあるかもしれません。外部のカウンセラーが定期的にお話を伺うことも助けになります。当社では、オプション契約にて訪問カウンセリングも行っております。ご検討ください。

 

※1厚生労働省「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」
https://kokoro.mhlw.go.jp/brochure/supporter/files/H25_Return.pdf