うつ病について

今回は世界で3億5千万人、日本では約100万人が苦しんでいるとされているうつ病についてお伝えさせていただきます。

 

うつ病は、脳の機能低下により、憂うつな気分や意欲の低下が長期にわたって続く病気です。私たちは、日常生活において、時折憂うつな気分になることがあります。また、何をするにも意欲が湧かない時もあります。たいていの場合は時間が経てば憂うつな気分も収まり、次第に元気を取り戻すことができます。これは私たちにもともと備わっている自然治癒力という機能のおかげです。しかし、いつまで経っても改善しない、さらには悪化して日常生活に支障を来すほどになってしまうことがあります。そこで初めてうつ病が疑われることになります。

 

うつ病を発症するメカニズムは未だ不明のことが多いのです。ストレスや何らかの原因で脳の機能が低下し、心理的な症状(憂うつ、気分が重い、悲しい、不安である、イライラする、集中力がない、物事を悪いほうへ考えてしまう、死にたくなる、など)や身体的な症状(食欲がない、体がだるい、疲れやすい、眠れない、頭痛、肩こり、動悸、など)が現れてきます。

 

まわりの人からすると、「やる気がない」とか「気合が足りない」、「気持ちの問題だ」などと思われがちですが、当事者の方にしてみれば、「出口の見えないトンネル」の中にいるように思われ、周囲からの理解を得られない時など、「よくなるとは思えない」「いっそ死んでしまいたい」と絶望感に襲われることもあります。

 

また、うつ病はアルコール依存症との合併の頻度が高い、という研究結果もあります。眠れない時や孤独を紛らわすための飲酒は、うつ病を悪化させることがあり、「うつ病+アルコール」という組み合わせは、自殺の危険性を高めるということが言われています(※)。

 

ストレスの多い現代社会では誰もがうつ病になるリスクを抱えている、ということが言えるでしょう。実際に生涯有病率(一生のうちに一度はかかる人の割合)は約15人に1人、過去12か月間には約50人に1人がうつ病を経験しています。うつ病についての正しい知識を持つことは、病気に対する偏見を無くし、自分自身や周囲の方がうつ病になった時に正しい対処ができることにつながります。すべての病気に言えることですが、うつ病でも早期発見と早期治療が重要です。いつもと違う自分の心身の調子の変化に気づいたら、また周囲の方がいつもと違う様子であれば、一度はうつ病を思い浮かべてみてください。

 

(※厚生労働省 メタボリック症候群が気になる方のための健康情報サイト「アルコールとうつ、自殺」より)

 

イラスト