こころの病気の治療について

 今回は、こころの病気の治療ということで、主にうつ病の治療についてお伝えします。うつ病の治療には3つの大きな柱があります。

 

 まずひとつめの柱は「休養」です。適切な睡眠時間を確保し、バランスのとれた食事を取る。そして精神的にも穏やかな状況の下で、自己治癒力を最大限に引き出す。これはどんな病気にも当てはまることです。皆さんも十分わかっていらっしゃることかと思いますが、一番難しいのもこの「休養」です。さまざまな理由でなかなかゆっくり休むことができないというのが実情でしょう。しかし「休養」ができない状態で治療を続けていても、悪くならない状況を維持していることに精一杯で、病状は長引いてしまいます。また何かのきっかけで一気に症状が悪化することもあり得ます。
そこで「休養」では、いかに治療に専念できる状況をつくり出すか、ということが重要になってきます。すでに体調不良に陥っている当事者の方が、自らそのような環境を整えることが困難な場合は、家族や職場の上司・管理監督者、産業保健スタッフが、本人が安心して休める環境を用意する必要があります。

 

 次の柱は「薬物療法」です。すでに様々な症状があらわれている場合、医師の診断に基づいて薬が処方されます。副作用が怖い、クセになってしまいやめられなくなるのではないか、などと抵抗感がある人も多いですが、医師の指導のもと、用法・用量を守って服用していれば、問題はありません。ただし、薬の効き方は個人差があります。症状が緩和されないからと勝手に薬の量を増やしたり、「もう治った」と自己判断で勝手にやめてしまうと、逆に症状が悪化したり、再発の危険性が高まります。処方と服薬に関しては、診察の際に主治医に伝えて確認することも治療を続けていくうえでとても大切なことです。

 

 三つ目の柱は「精神療法・心理療法」です。認知行動療法やカウンセリングなどがこれに当てはまります。上の二つの柱で症状が改善しても、病気になった時と同じような状況になれば再発する可能性は極めて高いです。そこで、同じような状況になるのを未然に防ぎ、たとえ同じような状況が起きたとしても再発しないようにするために、認知・感情・行動などに働きかけて、それらを変容させることが必要になります。特に、「うつ病になったのは○○のせいだ」とか「○○してもらえなかったから自分はうつ病になった」など、原因が周囲にあると考えている人は、なかなか病状が改善されない傾向があります。いったんは現状を受け入れ、自分の中に問題点を見出し、それを改善することが再発を防止する一番の近道となります。

 

イラスト