創立50周年記念誌 幸せな未来をつくる対話の力
18/56

16社会に発信、提言そして海外進出へPart 1 日本初、女性だけのシンクタンクとして設立。母体であるダイヤル・サービスが、世の動きに連れて生み出される様々な社会現象のなかでの生活者の本音を聴き取り、積み重ねてきたリアルな情報を、丁寧に分析し社会に発信していく役割を担いました。主な調査テーマは、「女性の未来」「情報化社会」「生活者の視点からのまちづくり」「高齢社会」。官公庁、民間企業からの委託研究調査、シンポジウム、出版、ネットワーキングなどを行っていました。1979年社会に発信・提言「生活科学研究所」設立「科学万博-つくば’85を考える女性シンポジウム」「女性の生き方と今後のライフコース設計」総合研究開発機構(NIRA)委託研究主な実績「情報フォーラム’84全国横断シンポジウム」開催「科学万博‐つくば’85を考える女性シンポジウム」開催「女性の生き方と今後のライフコース設計」NIRA委託研究「‘85まちづくりシンポジウム」開催「情報フォーラム’84 ひと・まち・くらしとニューメディア 全国横断シンポジウム」

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る