第21回 CSRオープンセミナー「東日本大震災と企業防衛」のご案内

セミナーのご案内

> > セミナー詳細

第21回 CSRセミナー
「東日本大震災と企業防衛」のご案内

セミナー概要

主 催 株式会社コンプライアンス・コミュニケーションズ /ダイヤル・サービス株式会社
開催日時 2011年5月24日(火)14:00~16:20
場 所 ダイヤル・サービス(株)大会議室 千代田区三番町6-2 三番町弥生館4階
交通案内 東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」(5番出口)徒歩5分
参加費 3,000円  ※当日、会場入り口にてお支払いいただきます

ご案内

3月11日に発生した東日本大震災は、人々の生命、財産、企業活動に多大なる損害を発生させました。さらに、福島第一原子力発電所での放射能事故は、震災で直接大きな影響を受けなかった地域までも巻き込み、今後もさまざまな形で影響を与えていくと考えられます。一方、今回の震災を契機に各企業は近い将来発生するであろう首都圏直下型地震などへの対策として、本社機能の分散や緊急時の電力確保など、いわゆるBCPについてもより現実的・具体的に検討し始めています。  今回は、『東日本大震災と企業防衛』のテーマの下、2人のスピーカーが講演いたします。今後、各企業が「何をすべきなのか?」の大きな判断材料となりますので、ぜひご参加頂きますようお願いいたします。

講師略歴 ・郷原 信郎(ゴウハラノブオ)
弁護士。郷原総合法律事務所代表。
名城大学教授、コンプライアンス研究センターセンター長。総務省 顧問

1977年東京大学理学部卒業。1983年検事に任官され、公正取引委員会事務局審査部付検事、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官兼教官などを歴任。独自の「フルセットコンプライアンス論」を掲げ日本初の本格的なコンプライアンスの研究・教育拠点として、桐蔭横浜大学コンプライアンス研究センターの設立を立案。2004年の開設後のセンターの企画運営を行う。桐蔭横浜大学法科大学院教授。2006年検事退官後、2008年郷原総合法律事務所開設。2009年より名城大学教授・コンプライアンス研究センターセンター長。


・藤井 裕之 (フジイ ヒロユキ)
(株)コンプライアンス・コミュニケーションズ 代表取締役。総務省 参与

早稲田大学卒。桐蔭横浜大学ロースクール修了(法務博士)。 三菱電機株式会社で海外向け火力発電所プラントの制御関連業務に従事。2006年ブレインフォース株式会社を設立。システム開発、web 開発、システム監査、システムリスクマネジメントなどの事業を展開。2010 年コンプライアンス・コミュニケーションズ社代表取締役に就任。コンプライアンスコンサルティング、リスクマネジメントコンサルティング、CSR関連全般、ITガバナンス、IT教育・研修、ビジネスコンプライアンス検定関連、等の事業を展開。

セミナープログラム

14:00~14:10 開催挨拶 ダイヤル・サービス株式会社 代表取締役 今野由梨
14:10~14:40 「東日本大震災による社会の激変とコンプライアンス」
郷原 信郎氏
14:40~15:40 「放射能風評被害・計画停電におけるリスクと企業防衛」
藤井 裕之氏
15:50~16:20 「新商品「 I-SAC 」の説明」
ダイヤル・サービス(株)営業部 高田 奈穂子