よくあるご質問‐カラダとココロの相談編

よくあるご質問 みなさまの声に答えます

> > カラダとココロの相談編

カラダとココロの相談編

育児相談の場合、どのようなことを相談できますか?

赤ちゃんの授乳や、離乳食、身体のこと、夜泣きなどから、小学校入学前までのしつけや子どもやママの友達づきあいなど、子育てのことなら何でも相談でき ます。

ママからだけでなく育児相談は、パパやおじいちゃん、おばあちゃんからでもいいのでしょうか?

育児に奮闘するママからだけでなく、パパや祖父母の立場でのご相談もお受けしています。

介護関連の相談窓口はありますか?

全国の公的制度(ホームヘルパーの派遣、食事・入浴サービス、福祉機器レンタルなど)、専門病院、介護老人保健施設、民間の生活支援サービス・施設などの最新情報の提供や、適切な利用方法をアドバイスします。また、介護に携わる方のメンタル面のサポートや、高齢者に多い病気について(認知症や骨粗しょう症など)の相談にも対応します。

食生活のアドバイスとは、どのようなことをしてくれるのですか?

献立作り、ダイエットや健康づくりのための食生活、食材の知識や料理法など、食生活全般のアドバイスを行ないます。毎日の食生活、生活習慣を管理栄養士などがヒアリングし、アドバイスします。ミルク嫌い、離乳食を食べないなど、ママの悩みや不安を受け止め解決方法を一緒に考えます。大切にしたい食のしきたりや行事食、伝統食のいわれや作り方をアドバイスします。 また、食の安全や食育などに関する相談にも対応します。

シニアの生活に活気を与えてくれる窓口はありますか?

健康をはじめ、食生活、冠婚葬祭などの生活相談まで、シニアの生活の多様なニーズに対応する窓口がございます。また、相続や贈与などのご相談にも対応。ご相談者のペースにあわせて応対します。

障害を持った人にはどのように対応していますか?

PC/携帯/FAX/電話にて対応します。携帯やパソコンを持っていなくてもサービスを利用できます。また通信障害などで携帯、パソコンに返信できなくて もFAXへ返信することができます。

税金や暮らしのトラブルについての窓口はありますか?

暮らしのトラブルや税務、年金・資産運用に関する相談に対応し ます。内容によっては、弁護士や税理士、ファイナンシャルプランナーが予約制で直接対応し、適切なアドバイスを実施します。

冠婚葬祭やビジネスマナーについての窓口はありますか?

冠婚葬祭から日常の交際まで、人とのつきあいには迷うことが多いものですが、 いい人間関係をつくるための今の時代に合ったおつきあいの方法を、一人ひとりの状況にあわせてアドバイスします。土地柄や伝統・慣習を踏まえたうえで、現状に即してご相談者にとって納得できるお付き合いの仕方をアドバイスします。

子どもたち向けには、どのようなサービスがありますか?

ダイヤル・サービスは長年子どものいじめ問題に取り組んできました。電話相談を中心に、マスメディアへの発信や出版、講演やシンポジウムの開催など、様々 な方面へと広がっています。その豊富な経験と実績から、2007年に文部科学省から打ち出された「24時間いじめ相談」の夜間・休日等の運営業者として、複数の自治体からいじめ相談 業務の委託を受けています。詳しくは、お問い合わせください。 また、小学生から高校生までの子どもを対象に、内容を限定せずに相談をお受けする「子ども110番」も開設しています。悩みや心配事の相談だけでなく、子どもたちが大人と自由に話せる窓口として機能しています。ホームページも開設しています。

個人が健康相談について相談したいときはどうすればよいですか?

現在加入されている各種会員サービスや保険の付帯サービスあるいは会社の福利厚生サービスをご確認ください。見つからないときは、弊社の営業担当が、あなたの会社へサービス導入のご提案に参ります。

応募フォーム

よくある質問

  • カラダとココロの相談編
  • 企業倫理・メンタルヘルス・ハラスメント相談編
  • 人材の育成と起業支援編
  • ダイヤル・サービスに共通する質問