1か月間に2,000件を超える反響!! 夏休みの子ども相談室

プレスリリース・トピックス

> プレスリリース

1か月間に2,000件を超える反響!! 夏休みの子ども相談室

  • ダイヤル・サービス株式会社が、日本最大級の子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」を通して提供した「子どもウェブ相談室」では、新学期前に子どもたちの不安や悩みを解決しようと質問・相談を受け付けたところ、1か月間で2,000件を超える応募が寄せられましたのでご案内いたします(質問受付期間:7月18日〜8月15日)。
    家庭や学校や地域といった子どもの日常的な居場所が、それぞれ「虐待」「いじめ」「犯罪」といった形で危険にさらされている今日、子どもの居場所づくりが社会的関心を集めています。今回の相談室への反響の大きさは、心の拠り所を求め、話を聞いてくれる誰かと積極的に関わろうとする子どもたちと、一つの受け皿としてのインターネットとの現代的関係を象徴した出来事と言えるでしょう。

    今回の「子どもウェブ相談室」の詳細な集計結果をご希望の場合は、下記までお問合せ下さい。また、子どもに関連する事業やアイデアをお持ちの方からのご連絡もお待ちしております。

    [問い合わせ先]
    ダイヤル・サービス株式会社 営業部 コミュニケーション推進グループ
    TEL: 03-3405-9158
    担当/石崎
    URL: http://www.dsn.co.jp/

    ◆ダイヤル・サービス株式会社は、30年前に民間として初めて子ども相談を開始し、時代と社会を映し出す子どもたちの生の声を聞き続けてきました。なかでも、トヨタ自動車株式会社の提供により、ダイヤル・サービスが企画運営する小・中・高校生(および保護者)を対象とした、無料のなんでも電話相談窓口「トヨタ子ども110番」は1979年の開始以来、46万件を超える相談を受けています。
    その実体験をもとに、子どもを媒介として“良き社会”を考えるための提言を、様々な活動(講演、シンポジウム、イベント、出版等)を通じて行っています。現在ではその実績と評価から複数の企業や行政からの要請を受け、社会や子どもたちのニーズに応える形で、以下のような具体的な事業にも取り組んでいます。

    ■ 24時間いじめ相談(東京都、千葉県、埼玉県、さいたま市)
    2007年に文部科学省が打ち出した「24時間いじめ相談」の委託業者の最大手として、ダイヤル・サービスは複数の自治体から、夜間および土日祝日等の時間帯のいじめ電話相談業務を受託運営しています。

    ■ モバゲー110番
    日本の中高生の約半数がユーザーという超人気携帯サイト「モバゲータウン」(?ディー・エヌ・エー)。このユーザーの健全な育成を目的とした「モバゲー110番」が本年4月からスタートし、ダイヤル・サービスが企画運営を行っています。電話相談(ナビダイヤル)とメール相談で、ユーザーの悩みに応じています。

    ■ 学校裏サイト監視・対策サービス支援
    学校裏サイトなど社会問題となっている無法なネットでの書き込み問題に対して、ネット監視業者と業務提携し、学校関係者へ対策・支援を提案しています。(例)「スクールガーディアン」(?ガイアックス)

プレスリリース・トピックス